ψの悲劇 The Tragedy of ψ

ψの悲劇 The Tragedy of ψ

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
紙の本 [参考] 1,080円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

遺書ともとれる手紙を残し、八田洋久博士が失踪した。大学教授だった彼は、引退後も自宅で研究を続けていた。失踪から一年、博士と縁のある者たちが八田家へ集い、島田文子と名乗る女性が、書斎にあったコンピュータから「ψの悲劇」と題された奇妙な小説を発見する。そしてその夜、死が屋敷を訪れた。失われた輪を繋ぐ、Gシリーズ後期三部作、第二幕!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
電子版発売日
2018年05月09日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年05月12日

「みんなさ、もっと、自由に生きられないのかしら。人のことなんか心配しないで、自分の好きなことをすればってことなんだ、基本はさ。なんかね、ちょっと自分よりも誰かさんが楽しそうだ、誰かさんが良い思いをしてるって、そんなことで腹を立てて、意地張ってさ、馬鹿みたいだよ」

「興奮? いいえ、私って人はだね、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月27日

遺書ともとれる手紙を残し、八田博士が疾走した。
大学教授だった彼は、引退後も自宅で研究を続けていた。
失踪から一年、博士と縁のある者たちが八田家に集まり、島田文子と名乗る女性が、実験室のコンピューターから「Ψの悲劇」と題された奇妙な小説を発見する。
そしてその夜、死が屋敷を訪れた。

Gシリーズ11...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月30日

森さんは、なぜこうも読者をはめるのが上手いのか。
唯一シリーズで知った人物、島田文子のキャラがあれ?と思うほど別人。はたまた若いころ本当にそんなだったのか、それとも実は別人?
そして、百年シリーズを彷彿とさせる意外なストーリー展開。真賀田博士はいつの時代も裏ボスとして登場しているが、それにしても、単...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月07日

やはり島田さんは出てきましたが、前作に比べるとパワーダウンかな。
次で終わり。
誰が出るのでしょうか??
早く読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月02日

うわー。
最後、ぞっとしました。

森博嗣先生は、冷静で、ある種、人間味のない人間が、
ふいに見せる内面の柔らかいところ、
「人間だから」感じる温もり、
そんなところを書くのが秀逸なのですが、
本作のラストは、それと真逆な感じでした。

面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ψの悲劇 The Tragedy of ψ」に関連する特集・キャンペーン