鷹の砦 警視庁捜査一課十一係

鷹の砦 警視庁捜査一課十一係

作者名 :
通常価格 810円 (税込)
紙の本 [参考] 972円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

多くの特殊犯罪を解決に導いてきた捜査一課十一係――殺人分析班の捜査と推理が光る、人気警察ミステリシリーズ最新作!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
電子版発売日
2017年12月07日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年01月30日

今回は如月塔子が人質の身代わりで犯人たちに連れ去らわれました。
ハラハラしながら読みました。
「警視庁捜査一課十一係」好きです。
続編いつ頃出版されるのかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月22日

いきなり事件の最中から始まり、如月が人質に。今までの9作とは少し異なる展開に「おやっ」と思う。犯人の設定も従来とは異なりシリーズの幅が広がったようにも感じるが、最後はかなりあっけない。この手の話は、ストーリーの枠組みが見えてきてから一波乱二波乱あってさらに・・という展開が欲しいところ。そうなってしま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月25日

如月搭子シリーズの10作目。また、当事者になる搭子。
このシリーズはそう云う関わり方多いけど、そう云うの好きじゃないなあ・・・ そろそろ終りかと思ったら次巻予告が載ってた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月12日

シリーズものは長くなると、主人公個人にまつわる事件になってくるのがうっとうしい。主人公が警察官の場合は、当事者として事件に関わらせる形はやめて欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月14日

都下の山中で立てこもり事件が発生。犯人は、殺人事件の被疑者として十一係が追跡していた男達だった。一般人が巻き込まれ緊迫する現場。男達は人質の一人と刑事・如月塔子の身柄交換を要求し、塔子を連れて逃走してしまう。所轄の猪狩巡査長とコンビを組み、相棒の救出に奔走する鷹野。一方、塔子自身も犯人から逃れるため...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play