決戦!賤ヶ岳

決戦!賤ヶ岳

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

累計18万部を突破し、ますます進化を続ける「決戦!」シリーズ。今回の舞台は豊臣秀吉の天下を決定づけた、もう一つの天下分け目である「賤ヶ岳の戦い」。そして、描かれるのは「賤ヶ岳の七本槍」として名高い、加藤清正、福島正則、片桐且元ら七人の武将。新進気鋭の若手歴史小説家たちが、若武者たちの戦いと、その後の人生を活写する!

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

     決戦!賤ヶ岳 天下分け目の合戦は七本槍の武将のその後の人生の分岐点。武功で知られる加藤清正、福島正則より、加藤嘉明、片桐且元、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則の物語の方が、それぞれにふむふむと肯きつつ興味をそそられました。
     関ヶ原合戦や大坂の陣までの後日談もまた色々と面白く読みました。
     秀吉が全く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月28日

    羽柴秀吉vs柴田勝家の賤ヶ岳決戦を描く。
    本能寺の変後、秀吉が次の天下取りの為の近従七本槍虎之助事:加藤清正、孫六事:加藤嘉明、市松事:福島正則、片桐且元、脇坂安治、兵助事:平野長泰、糟屋武則の其々の生き様を描き面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月09日

    決戦シリーズ第7弾。今回の舞台は「賤ヶ岳の戦い」。
    とくれば「賤ヶ岳の七本槍」ですね。短編7つ、それぞれ七本槍を主人公にしています。なので、全ての話が秀吉方。柴田方を主人公とした話はなかったですね。
    柴田方の強敵として書かれていることの多かった拝郷家嘉は、あっても面白かったんじゃないかなぁ、と思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    決戦シリーズの第7弾。


    まさにこのテーマにふさわしい賤ヶ岳の7本槍のメンバーそれぞれが主役になっています。

    ただ書き手もそれぞれ違うので、全く違うとらえ方と場面設定。

    あまり戦としては、内容が分かりづらい賤ヶ岳が

    色々な視点から照らされていて、とっても理解が進みました。



    なぜ7本槍に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月07日

    こうなると、本当に単なるアンソロジーシリーズ。
    決戦賤ヶ岳と銘打っているけど、七本槍の人物列伝というほうが正しい。もう決戦自体がテーマじゃあない。
    それぞれのその後の人生が見えて、まあ、これはこれで面白かったけれど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています