創世のタイガ(1)
  • 無料

創世のタイガ(1)

作者名 :
値引き価格 0円 (税込) 6月24日まで
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

彼女にフラれ生きている実感の乏しい青年タイガ。大学の文化人類学のゼミ仲間とオーストラリアへ卒業旅行に出かけた彼は偶然入った洞窟で観光ガイドにも載っていない古代の壁画を発見する。直後に起こった崩落からからくも逃れた彼らは入り口とは別の穴から外に出るがそこはマンモスや古代の巨大哺乳類が跋扈する世界だった。「ホーリーランド」「自殺島」リアルな人間を描かせたら右に出るもののいない森恒二の最新作。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
イブニング
電子版発売日
2017年08月23日
紙の本の発売
2017年08月
サイズ(目安)
122MB

新刊オート購入

創世のタイガ(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    面白い!

    にすん 2020年11月25日

    いきなり文明以前の世界に飛ばされた主人公たちがどう生き抜くかのお話。みんな順応力高すぎw1人、また1人脱落していくような痛い展開にならず、成長が興味深く楽しいです

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いい

    黒眼鏡ムシュカ【リア充撲滅委員会】 2020年09月29日

    私は、この作品を読んだきっかけは、「自殺島」と言う作品の作者が書いた作品だったからだ。この作者さんの描くマンガはとても面白く、当然この作品も面白い。是非読んでもらいたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月07日

    半端ない
    「ヤバい」と同じく、あまり、使わないようにしてるのだけど、この『創世のタイガ』を読んだら、真っ先に出てきてしまう
    ホント、壮大なストーリーだ・・・・・・あかん、急に恥ずかしくなる
    よし、身悶えきったので、感想語りに戻ろう
    森先生、またしても、「生きる」をテーマにしてきたな
    やっぱり、漫画家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月17日

    洞窟を抜けると、そこは100万年前の地球でした。
    楽しいはずの卒業旅行が一転、生死が行き交うサバイバルへ。進化の隣人が殺しあう世界へ。異分子であるタイガたち一行が生物史・人類史のミッシングリンクとなるんでしょうか。
    時空を超えてきた仲間が殺されてからが本番か。それとも、人間を殺してからが本番か。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    その時代は大変だな

    ボリス 2021年01月06日

    タイガはゼミの仲間と卒業旅行中、古代にタイムスリップしてしまう。大勢でタイムスリップしているので、生き延びようと知恵を出し合う。
    ひとりじゃなくて良かったね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    かじ 2020年11月20日

    ちょっとした転生ものよりも、ずっとリアリティと緊張感、緩和があり面白い。街と島のサバイバルを描いてきた著者ならでは。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    次巻に期待

    shulla 2020年09月04日

    自殺島の作者で無料なのもありDLしました。
    よくあるタイムスリップサバイバル物ですが、原人も出てくるので、他作品とどのように違うサバイバル物になるのかが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白かった

    ananasdinner 2020年05月08日

    主人公が過去にタイムスリップしてしまうという話は腐るほどありますが、戦国時代や江戸時代辺りがほとんどです。どんなに古くても平安時代あたりまででしょう。この作品ほど古い時代は他にないと思います。珍しいので新鮮で面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    期待

    JP 2017年09月02日

    古代にタイムスリップしてのサバイバル。
    とはいえワニとかヒョウとか、現状ではマンモスくらいしか古代要素は感じられない。ここはこれからもう少し深掘りしていくのだろうか…?
    少し突拍子も無い展開なので、まだ自分が物語の中にいるような臨場感を感じられないが、古代人とも遭遇し、今後の展開次第とも思える。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2020年10月01日

    ずっと気になっていた作品で、一巻が無料だったので読んでみました。
    映像に残っていない時代にタイムスリップしてみたいと思ったことは何度もありますが、登場人物たちみたいに実際にそうなったら大変ですね…

    このレビューは参考になりましたか?

創世のタイガ のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 創世のタイガ(1)
    無料
    0円(税込)
    彼女にフラれ生きている実感の乏しい青年タイガ。大学の文化人類学のゼミ仲間とオーストラリアへ卒業旅行に出かけた彼は偶然入った洞窟で観光ガイドにも載っていない古代の壁画を発見する。直後に起こった崩落からからくも逃れた彼らは入り口とは別の穴から外に出るがそこはマンモスや古代の巨大哺乳類が跋扈する世界だった。「ホーリーランド」「自殺島」リアルな人間を描かせたら右に出るもののいない森恒二の最新作。
  • 創世のタイガ(2)
    無料
    0円(税込)
    ――それは人類がまだ地上の王になる前の時代。巨大な哺乳類とネアンデルタール人、そして人類の祖先となるホモサピエンスが生き残りを賭けてぶつかり合う混沌の場所。 人類がまだ食物連鎖の最下層に属する、遥か昔の世界へと飛ばされたタイガたち7人の大学生。美しくも残酷な、原始の世界の適応し始めた矢先、事件は起こる。殺しをためらわない、ネアンデルタール人の脅威がタイガ達に迫る!!
  • 創世のタイガ(3)
    660円(税込)
    マンモス、ホラアナグマ、ケサイ。巨大哺乳類が存在していた、遥か昔の世界へと飛ばされたタイガたち7人の大学生。そこは巨大哺乳類、ネアンデルタール人、人類の祖先であるホモサピエンス、それぞれが生き残りを賭けてぶつかり合う混沌の世界だった。ネアンデルタール人の襲撃を受け仲間とはぐれたタイガは、ネアンデルタール人に襲われるホモ・サピエンスの少女を助け、彼女とリクたち仲間の待つキャンプを目指すが……。
  • 創世のタイガ(4)
    660円(税込)
    旅を共にしてきたホモ・サピエンスの少女・ティアリの集落で、死んだはずの仲間たちと再会を果たしたタイガ。最悪な状況を打破するために、タイガは武器無しでティアリの部族一の戦士・ナクムとのタイマンに挑む。敗北=死。筋量・体格共に自分を遥かに上回る太古の人類を、どう倒す!? 『ホーリーランド』以来の森流格闘描写が炸裂する最新4巻はグルメあり、バトルあり!!!
  • 創世のタイガ(5)
    660円(税込)
    ネアンデルタール人との死闘。それは人類が幾度となく繰り返してきた争いの歴史そのもの。世界の姿が明らかになり、タイガたちに原始時代の掟が突きつけられる。人類が地上の王となるために倒さなければならないものとは――。 『自殺島』『ホーリーランド』の森恒二が贈る本格SFサバイバルエンターテイメント『創世のタイガ』 待望の最新第5巻。
  • 創世のタイガ(6)
    660円(税込)
    人間の生きる土地を食い尽くす“大地の災禍”マンモスの大移動。その先にはタイガたちが身を寄せるホモ・サピエンスの集落があった。やむを得ず始まったマンモス狩り――。歴史上初めてのマンモス狩り、遂に決着! 遂に穏やかな生活を迎えたのもつかの間、驚愕の展開がタイガたちを待ち受ける。 『自殺島』『ホーリーランド』の森恒二が贈る本格SFサバイバルエンターテイメント『創世のタイガ』待望の最新第6巻。
  • 創世のタイガ(7)
    671円(税込)
    『ホーリーランド』『自殺島』『無法島』の森恒二最新作! ネアンデルタール人に攫われ襲われたユカたちを取り戻す戦い、最高潮! ホモ・サピエンスVS.ネアンデルタール人のバトル……数で勝る敵をどう破る?ついに始まろうとしている人類史上、最初の『大規模戦闘』から目が離せない!
  • 創世のタイガ(8)
    682円(税込)
    『ホーリーランド』『自殺島』『無法島』の森恒二最新作! タイガたちが身を寄せるティアリの村へ襲撃にきたネアンデルタール人を撃退し、仲間を取り戻すのに成功したタイガたち。しかし、他の場所では版図を拡大し続けるネアンデルタール人。北の部族が滅ぼされ、危機感を覚えたタイガたちは他の部族に助力を願いに出るが…!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています