ホサナ

ホサナ

作者名 :
通常価格 1,944円 (税込)
紙の本 [参考] 2,376円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

執筆5年。人間の根源を問う傑作大長編小説。『告白』『宿屋めぐり』に続く、町田康の新たな代表作、ここに誕生!ホサナ。私たちを救ってください。愛犬家の集うバーベキューパーティーが、全ての始まりだった。私と私の犬は、いつしか不条理な世界に巻き込まれていく。栄光と救済。呪詛と祈り。迷える民にもたらされた、現代の超約聖書ともいえる大長編小説!

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2017年06月02日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年12月21日

拝読中です。
オブラートに何重にも包んでいるようで、いずれの事象も核心を鋭く突いてきており戦慄してます。
問うように現れた「呪い」と「祈り」。それが表裏一体であるならば、「呪い」ではなく純粋な「祈り」として願いを願う為にわたしはどの様な心映えで在るとよいのだろうと考えてしまいます。
凄い作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月09日

支離滅裂だとか、脱線しすぎて意味がわからないという評判。その気持ちはよく分かる。
でも私は意味や結論や啓蒙を求めていないから、また「面白い」と思えた。
コレがアレのメタファーで、アレはコレの伏線で...といった分析はナンセンスでしょう。

著者は巫山戯ているのではなくて、決して多くはない「伝えたいこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月11日

旧約聖書のモチーフと仏教のモチーフとダンテの「神曲」のモチーフと上方落語のモチーフと変身のモチーフと……とにかくいろんなモチーフが錯綜している。が、それを支えているのは、圧倒的に投げやりで虚無的で音楽的な語り口。
読みながらいつも思い浮かべていたイメージは波。言いたい事が出て来たらそれをきれいに流し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月23日

宿屋めぐり、人間小唄など町田氏の他の長編と比べると、本作は比較的受け入れやすい地獄であった(告白は実話をもとにしているというのもあってちょっとまた別)。
上記2作はあまりの理不尽さに気分が悪くなってしまい、もう一度読もうと言う気にはなれなかったので。というか、もう麻痺してしまったので本書が優しく感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月14日

語り手が、飼い犬とともにドッグランでのバーベキューに参加したところ、人間を焼き尽くす光の柱の現出を幻視する。そして世の犬たちの苦しみと正しいバーベキューにまつわる成功と挫折に呑み込まれた末、顕現した光の柱により崩壊した世界に迷い込む―という、壮大でありながら馬鹿馬鹿しく、それでいて哀切の漂う長編小説...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play