1122(1)

1122(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

無料キャンペーン中

2020年06月14日まで

【期間限定 無料お試し版】1122(1)

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の"恋人"美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2017年05月23日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
72MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

これは、家庭内公認不倫を描いたマンガです。

と言ってこの本をオススメすると、たいていの人は「どんな特殊な夫婦が描かれているのだろう?」という少し野次馬のような気持ちでページをめくり始めるに違いない。

けれどそこに登場するのは、女好きなチャラい夫でもないし、ドライに腹をくくった妻でもない。ごく普通の共働き夫婦。
2人は自分たちで「家庭内公認不倫」というルールを作り上げたでにもかかわらず、妻は嫉妬を感じて夫にあたることもある。夫はルールを最初に持ち出した妻に対して、傷ついて他の人妻と付き合い始める…。

考えてみれば、夫婦であってもそもそも赤の他人であるのだから、性欲のリズムが常に合致するのは奇跡のようなものだ。となればそんな複雑なものを切り離して、家族の日常を穏やかに続けていくために「家庭内公認不倫」を選ぶというのは合理的に思えてくる。
けれどなぜか、ひずみは生まれる。
お互いの状況と、少しコミュニケーションが食い違っただけで、「普通ではない」関係性になってしまった2人の姿は全く他人事ではない。
夫婦の関係を守るためだったルールが、やがて夫婦に危機を及ぼし始めて…。

セックスとは何か?夫婦とは何か?そこには明確な答えはない。正しくあればあろうとするほど不毛になっていく。けれど、それぞれのケースで、少しでも幸せになれるヒントを見つけたい…と願うように読み進めていく作品です。

1122(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月16日

    初めて読んだ作家だが、極めて漫画が巧い。語り方、見せ方、展開の仕方が非常に洗練されている。時代のど真ん中を掴んで、逃げずに向き合う闘志を感じる。

    一方で、登場人物たちのふるまいを逐一追っていきたい気持ちは湧かなった。それはたぶん、この題材における「結果」は再生か解散かしかないから。もちろんそれすら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    我が家と似ています。

    manya 2018年02月12日

    とても面白かったです。
    早く続きが読みたい!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    現実にありそうな展開

    いちご 2019年11月24日

    現実にありそうな設定で共感できるところもあるが、実際に起きることや細部はない設定なので読んでいて面白い。結婚している人であれば細かな心情等、理解できるところもあると思うし、絵も綺麗なのでおすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    読めば読むほど

    ゆん 2019年11月23日

    ストーリーもしっかりしてて、ドキドキしながら読んでます。続きがきになる!浮気公認ってどうゆうこと?!と思いながら読んでます。はやく新刊出てほしいなー。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    めい 2020年01月08日

    いちことおとやは公認不倫だからまだいいとして
    おとやんの相手の旦那さんには未公認なんだから
    後々トラブルが起こるのでは?

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    夫婦のこと

    めめ 2019年11月15日

    夫婦って色々だなぁ〜と思う。
    なんか色々な人気持ちが分かる感じです。
    複雑な内容をサクサクと読めて、面白い。
    性については本当に人それぞれだからこそこの内容がある意味深く思えます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月12日

    いちことおとやん、いい夫婦だと思うけど、なんか切ない。

    最初に拒否したのがいちこで婚外恋愛を認めたものの、それが今となってはいちこをブーメラン的に苦しめてる。

    おとやんは優しいからいちこにもすごく優しいし、恋愛相手の美月にも優しくて。
    W不倫でやってることはゲスいけど、美月の状況を思ったら確かに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月20日

    うぉぉ…結婚リアリティ面白いけどつらい。と思ってページをめくったら、懐かしのブートキャンプな人が「辛くてもあきらめない‼」と励ますコマでした…。あきらめず読みきった。2巻、買わねば。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月25日

    こんな夫婦が現実にいるんじゃないかってずっと思ってた。絶対考えるよね?結婚してから好きな人ができたら、って。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月02日

    ん~…男の、独身の僕が読むべき漫画ではなかったかな!? と最初は思いましたけれどもまあ、先が気になって読んでしまったんですが…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    今後はアレですね、彼女…旦那さんにもバレたっぽいし、なんだか良くない展開が続きそうですねぇ…。

    次は読むかどうか…分かりませんけれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

1122 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 1122(1)
    660円(税込)
    妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の"恋人"美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!
  • 1122(2)
    660円(税込)
    仲良し30代夫婦、いちことおとや。セックスレスの二人が選んだのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。恋に浮かれる夫を見ながら、いちこの心はざわめき「凪」だった性欲に変化が起き始める。これは夫へのムカつきか嫉妬か欲求不満か――。一方、夫の"恋人"美月は間違っていると知りながら恋の深みにはまっていく。"夫婦"を継続するために必要なものは? 渡辺ペコが「結婚の嘘と真実」を鋭く描く、各メディア大注目の意...
  • 1122(3)
    660円(税込)
    仲良しだけどセックスレスの30代夫婦、いちことおとや。二人が選んだのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。恋に浮かれる夫を見て、いちこは夫への嫉妬か欲求不満かはわからぬまま、初めての風俗を予約する。一方、夫の"恋人"美月は許されない恋の深みにはまり、追い詰められていく。「このマンガがすごい! 2018」オトコ編第11位、「第8回ananマンガ賞」準大賞! 夫婦のあり方を真剣に問いかける意欲作。
  • 1122(4)
    660円(税込)
    仲良しセックスレスの30代夫婦、いちことおとや。夫婦を継続するために納得して始めたはずの「公認不倫」だが、しだいにその波紋は広がっていく。不倫の恋に浮かれていたおとやは、「恋人」美月との別れを予感する。一方、いちこは初めての風俗を体験する。二人の間に降り積もる嘘、そして暴かれていく心の内。そしてある「事件」が起きるーー。各メディアで大注目を浴びている、「いい夫婦とは何か」を問いかける...
  • 1122(5)
    660円(税込)
    「公認不倫」を選択した30代セックスレス夫婦のいちことおとや。「恋人」美月との別れ話の最中に局部を刺されたおとやは、いちこに向き合うためすべてを告白。二人は改めて互いを愛しく思うが、おとやは美月の言葉が呪いとなってセックスができず、いちこは風俗体験の秘密を抱えていた。一方、美月は夫との関係に苦しむ中、予期せぬ妊娠が発覚し…。セックス、愛情、信頼――夫婦の絆はどこにあるのか。各メディア...
  • 1122(6)
    660円(税込)
    「公認不倫」を選択した30代セックスレス夫婦のいちことおとや。 「恋人」美月との別れ話の最中に局部を刺されたおとやは、いちこにすべてを告白し夫婦の絆を確かめる。しかし、おとやは美月の言葉が呪いとなってセックスができない。そんな中、いちこの風俗体験がおとやにばれて二人は口論になり、傷ついたおとやは家出をする。そして赤ちゃんプレイの風俗店で、EDの恐怖や自信喪失、妻への怒り、嫉妬など...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています