舞台は16世紀、空前の演劇熱に沸くロンドン。片田舎に育った無学の青年・ランス(W・シェイクスピア)は、個性豊かな仲間たちの才能を結集し、芝居の脚本を書き始める。それは、1本のペンだけを武器とした"革命"だった――! 絶対的格差のなかで"自由"を求めた、7人の文豪たちの熱筆疾風録!!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
電子版発売日
2017年04月06日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 1巻
    通常版 1巻 648円(税込)
    舞台は16世紀、空前の演劇熱に沸くロンドン。片田舎に育った無学の青年・ランス(W・シェイクスピア)は、個性豊かな仲間たちの才能を結集し、芝居の脚本を書き始める。それは、1本のペンだけを武器とした"革命...
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 2巻
    通常版 2巻 648円(税込)
    ハロルド作石完全最新作!!! ランスの野望、ワースの商才、リーの詩行、ミルの知見、トマスの学識、ケインの慧眼、アンの音楽。それぞれの才能が結実した新作『ヴェニスの商人』が切り拓く未来とは――!!?
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 3巻
    通常版 3巻 648円(税込)
    後世の歴史家は語る。「不朽の名作」と――。だが、いまはまだ名も無き、7人のシェイクスピアたち。彼らが創り上げた、"異形の怪物"にして史上最高のキャラクター『リチャード三世』に、若き天才俳優が魂を込め...
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 4巻
    通常版 4巻 648円(税込)
    後世に『ヘンリー六世』として伝わる、『ヨーク、ランカスター両名家の戦い』 ――名も無き新人作家であるシェイクスピアたちにとって、一世一代の勝負作の幕が上がる! 日本人の血を引くロビンも仲間に加わり...
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 5巻
    通常版 5巻 648円(税込)
    人気劇作家への階段を昇ってゆくシェイクスピアたち。だがその矢先、"詩の女神"リーの存在に、大貴族・ストレンジ卿が気づき始める。彼女に当局の手が伸びれば、シェイクスピアたち全員の命はない。リーを守...
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 6巻
    通常版 6巻 648円(税込)
    ストレンジ卿一座と海軍大臣一座による合同興行という名の劇場戦争が始まった!劇場戦争に勝利するためシェイクスピアは新作『マクベス』を執筆。そして、シェイクスピアの名を演劇の都・ロンドン中に知らし...
  • 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 7巻
    続巻入荷
    通常版 7巻 648円(税込)
    ストレンジ卿一座と海軍大臣一座による劇場戦争が勃発中!戦況がストレンジ卿一座に不利に進む中、シェイクスピアの新作『マクベス』が開幕。海軍大臣一座からの妨害を乗り越え、ついにクライマックスへ!そ...

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 1巻

購入済み

いい

kiyo 2018年10月30日

面白い

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 5巻

Posted by ブクログ 2018年07月15日

6巻まで出て、中断を挟み、小さくなって帰ってきた続編も、5巻に達した。
前編に比べて淡白だった後編も、これはこれで良いかなと思えて来た。マクベスの魔女がいいです。まあこれは、演出の工夫が出せるところなんで、芝居でも面白いのは多いんですけどね。7人の中身は、自分はミルが違うんだと思ってた。

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 4巻

Posted by ブクログ 2018年03月22日

酷評だったデビューを経て、ラストチャンスと挑んだ作品は『ヨーク・ランカスター両名家の戦い』です。ばら戦争を題材にした作品。
その興業が会心の出来栄え。公演前に詩を掲げた場面が、個人的白眉です。わくわくを煽ってくれますよ。

シェイクスピアの栄光の始まり、のはずですが、彼らの成功を見つめる視線が。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 3巻

Posted by ブクログ 2017年11月19日

演劇ユニット・シェイクスピアのデビューは惨敗。
今のところ一握りのサブカル好きしか知らない、という感じでしょうか。「自分は好きなんだけどなぁ、万人受けはしづらいなぁ」という斯界の評価。
いや、好意的すぎるか。もっと酷評か。
その評価を覆すべく、次の演目の構想を練るシェイク。ロビンとの出会いが、ブレイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 2巻

Posted by ブクログ 2017年07月06日

7人ユニットのシェイクスピア。「ヴェニスの商人」売込み中の彼らの前に、宗教改革の余波が押し寄せます。そうか、アン・ブーリンの後の時代か。
宗教と権力の荒波に翻弄されたり、それを追い風にしたりして、ロンドンの劇作家として成り上がっていくのでしょうな。
劇作家として、敵対権力として、表に裏にライバルにな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 1巻

Posted by ブクログ 2017年04月25日

第二部開幕。
謎めいたシェイクスピアという人物の真実に迫る物語。でしたが、個人の名前でなくユニット名という形でそこは解決するらしいです。なにしろタイトルの7人が揃ってしまったので。
今後は、ユニット・シェイクスピアの成り上がりストーリーになっていくのでしょう。ユニットの活動期間が短いのは、内紛でしょ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 6巻

Posted by ブクログ 2018年09月22日

劇場戦争で敗色濃厚の中、ついにお目見えとなるのは演劇ユニット・シェイクスピアによる「マクベス」。
7人それぞれの個性が見事に重なり合って、興業大成功、になるはず…だけど、結果発表は8巻へ続きます。

「マクベス」のあらすじ初めて知ったよ。なかなかややこしい人間関係だけど、初見で理解できるんか?観客は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT 5巻

Posted by ブクログ 2018年07月09日

演劇ユニット、7人の「シェイクスピア」揃い踏みの5巻。
ワース抜けて行商人トマスが入ってくるとは思わなかったけど、自己評価として創作活動に貢献できていないというワースの思いがあるのでしょう。
そのグループ分けが、これからの行く末を左右するのでしょうか。

宗教裁判や魔女狩りに公開処刑が当たり前の中、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?