BT’63(下)
  • 最新刊

BT’63(下)

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

呪われたトラックBT21号の運転手4人が次々と殺され、史郎が精魂を注いだ新事業も立ち行かない。すべては闇の住人、成沢が仕掛けたことだった。愛する鏡子まで成沢の罠に陥り、史郎は苦悩の選択をする――。一方の琢磨は、現代に残っていたBT21号を手に入れる。「物語」のすべてがつまった圧倒的大作。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年03月31日
紙の本の発売
2006年06月
コンテンツ形式
EPUB

シリーズ作品 1~2巻配信中

※通常版の作品のみ、カートをご利用いただけます

Posted by ブクログ 2017年06月12日

池井戸潤初期の作品。なかなかの大作だった。ちょっと殺し過ぎかなとも思ったけど、悲しくも救いはある話だった。いつも通り銀行は出てきたけど、それほどの活躍はなし。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月26日

呪われたトラックというBTを中心にしたものがたり。相馬運送を舞台に史郎さんは、会社の経営難、社長のやる気のなさ、愛する人との出来事、従業員の不始末…等々で、様々な苦労をする。そして亡くなる。そんな史郎の奮闘を知らなかった息子がある日を境に父の過去を少しずつ知っていき、父の歩みをトラックと共に探り、父...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月27日

自分の父親のルーツを探す物語。過去の父の意識に入り込んで追体験するといった物語展開となっている。当時のボンネットトラックにまつわる血なまぐさい話で池井戸作品にわ珍しく暗い感じを受ける。後半はアクションサスペンスみたいな感じでやや現実感が薄くなるが全体的には面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月17日

可奈子ちゃんが現在、鏡子さんの唯一つの遺志というか願いの通り幸せに生きていることが、とても感動的でした。
それは鏡子さんと、鏡子さんに対する史郎さんの想い、愛情、献身、信念、努力…それらすべてが生んだ結果とも言えます。
せつない気持ちになるシーンも多いですが、琢磨さんの希望的な未来も含め、温かく、人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月08日

上下巻共に、強烈なシーンもありいつもより時間がかかって読んだ。
大間木父の過去を、息子が自分探しと称して探ってゆくが、そこには想像をはるかに超えた父の人生があった。
人は誰しも、あえては語らない様々なストーリーをもっているのだと、思う。
父から子、そして母から子へと繋がってゆく命。ありきたりな毎日の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play