BT’63(下)
  • ptバック
  • 最新刊

BT’63(下)

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

229pt

  • 30%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

呪われたトラックBT21号の運転手4人が次々と殺され、史郎が精魂を注いだ新事業も立ち行かない。すべては闇の住人、成沢が仕掛けたことだった。愛する鏡子まで成沢の罠に陥り、史郎は苦悩の選択をする――。一方の琢磨は、現代に残っていたBT21号を手に入れる。「物語」のすべてがつまった圧倒的大作。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年03月31日
紙の本の発売
2006年06月
コンテンツ形式
EPUB

シリーズ作品 1~2巻配信中

※通常版の作品のみ、カートをご利用いただけます

Posted by ブクログ 2017年08月24日

【友人蔵書】BT21号が果たして呪われたトラックなのか、幸運を呼ぶものなのかは最後まで判然としなかった。それは人生にも似ている。目の前で掴みかけた幸せは、運送会社に吹き溜まった後ろ暗い過去を持つ男達の暗躍により歯車が狂い、最愛の女性を失う。しかし、残された可奈子は幸せな家庭を築くことができた。単純な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月17日

可奈子ちゃんが現在、鏡子さんの唯一つの遺志というか願いの通り幸せに生きていることが、とても感動的でした。
それは鏡子さんと、鏡子さんに対する史郎さんの想い、愛情、献身、信念、努力…それらすべてが生んだ結果とも言えます。
せつない気持ちになるシーンも多いですが、琢磨さんの希望的な未来も含め、温かく、人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月22日

ストーリーの細かいことはともかく、父、史郎の生き様と自分を比して、俺は真っ直ぐか? と問いただしてしまった。


池井戸さんの金融絡みの話は飽きてきていたから
、極めて新鮮。またこんな作品が読みたい。

余談だが、装丁がスティーブン・キングみたいでニヤリ。内容とピッタリ( ^ω^ )

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月05日

ついに下巻に突入!

いよいよ謎が明かされるかと期待して読み進めれば、謎がさらに新たな謎を呼ぶ展開。続きが気になって気になって、そろそろジムに行く時間なのに途中でやめられません…。

ってことで、ジムにまで持って来てしまいました。バイクに乗りながら続きを読みます。

無心になって読み続けます。実はバ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月12日

池井戸潤初期の作品。なかなかの大作だった。ちょっと殺し過ぎかなとも思ったけど、悲しくも救いはある話だった。いつも通り銀行は出てきたけど、それほどの活躍はなし。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BT’63」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play