ビビビ・ビ・バップ
  • 値引き

ビビビ・ビ・バップ

作者名 :
値引き価格 1,587円 (税込) 4月4日まで
通常価格 2,268円 (税込)
紙の本 [参考] 2,808円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「僕の葬式でピアノを弾いて頂きたいんです」それがすべての始まりだった。電脳内で生き続ける命、アンドロイドとの白熱のジャズセッション。大山康晴十五世名人アンドロイドの謎、天才工学少女、迫り来る電脳ウィルス大感染…。平成の新宿から近未来の南アフリカまで、AI社会を活写し、時空を超えて軽やかに奏でられるエンタテインメント近未来小説!

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2016年08月26日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月19日

「雪の階」からの「ビビビ・ビ・バップ」。実は若い友人に出版当初から勧められていたのですが、手付かずに放置しておりました。2018年のミステリーランキングからの「雪の階」で、ストーリーはともかく、圧倒的に豊穣な言葉の洪水と展開のスピードに翻弄され、いままで知らなかった小説の快感を覚え、よし、今年は奥泉...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月03日

これはなんというかとんでもない物語だ。あえていうなら電脳スイングミステリーとでもいうか。とにかくストーリーが広大でとんでもない。

職業ジャズピアニスト、副業音響設計士が主人公。家や公共空間の音響をデザインする。膨大な資産を保有するグローバルロボット制作会社社長から電脳墓の音響デザインを任されている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月02日

これは楽しい!この分厚さだし、ジャズはよく知らないし、というのでためらっていたのが嘘のように、ずんずん読んで大満足。「鳥類学者のファンタジア」よりメチャクチャ度が高くて笑える。

一応「近未来SF」ってことになるのかな。AI、アンドロイド、仮想現実、人間のデジタル化といったガジェットが詰め込まれてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月18日

 吾輩は猫であるから始まる軽快なSF。
 SFとジャズと近代文学と古典落語に詳しければ間違いなく面白いんじゃなかろうか。
 何とも言えぬ軽妙な語り口を読むだけで楽しい。安定しない、軽やかな語り口で語られる不安定な落ち着かぬ物語はどこに行くかわからない。
 面白い読書体験だった。
 でも、再読するなら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月18日

まずドルフィーがかわいい。
そして主人公のフォギーはすごく気持ちいい女性だなあ。
ぜんぜんジャズを知らないくせになぜか、「やっぱりジャズっていいなあ!」と思って読み終えた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています