罪の声

罪の声

作者名 :
通常価格 1,458円 (税込)
紙の本 [参考] 1,782円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位!

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2016年08月26日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月10日

あの事件の犯人達は、この本を読んで何を思うのだろう・・・
敢えて手に取ることはないのか・・。
本書で書かれているように、現金の授受による報酬はゼロ。株の操作で得た金は、一体どれほどの額だったのだろう。
果たして労力、そしてリスクに見合った額だったのだろうか。
あのグリコ「許したる」の意味は・・...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月07日

子供の頃のうすーい記憶がある事件。確かにこの後お菓子にフィルムが巻かれるようになったなあ。テープの声もニュースで聞いた覚えがあります。実際の事件を丁寧に辿っていて、こんなドラマがあったのかもな、と思うとページをめくる手が止まりませんでした。ただ知ってる事件が元になっているだけに、意外性に乏しいように...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月01日

ミステリ仲間から借りた小説。実際の未解決事件「グリコ・森永事件」とほぼ同じ内容の「ギン萬事件」を再調査する新聞記者と、事件関係者の親族であるテーラーが、段々と真相に近づいていく。フィクションとノンフィクションのバランスが素晴らしい。面白かった、グリコ森永事件は興味があってよくWikipediaとか読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月30日

はじめの方、読みづらかったけど後半はどんどん進んだ。これが事実なら馬鹿げた話。犯人には苦しんでほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月29日

多くの謎を残したまま未解決となった「グリコ・森永事件」モデルにしたフィクション。

「グリコ・森永事件」を断片的にしか覚えていなかったので、どこまでが史実に基づいているのかわからなくなるくらい、よくもまあこんな着想を・・・と感嘆する。

確かに、子供の声がこの犯罪に使用されていたし、こんなの言わされ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play