罪の声

罪の声

作者名 :
通常価格 1,458円 (税込)
紙の本 [参考] 1,782円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位!

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2016年08月26日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

面白かった

go 2017年04月11日

想像力の可能性を感じました。
その他の著書も読んでみたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月10日

日本中を巻き込んだ昭和のミステリー「グリコ森永事件」をモチーフにした小説です。

めちゃくちゃ面白かった!

京都でテーラーを営む曽根俊也は、父親の遺品の中からカセットテープとノートを見つける。そのカセットテープには日本を揺るがした「ギン萬事件」で恐喝に使われた子供の声が録音されていた。そして、その...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月24日

グリコ森永事件を題材にした本作。事件の名前は聞いたことはあったけれど、内容は詳しく知らなかったので、夢中になって読んでしまった。どこまでが現実でどこまでがフィクションなのか分からなくリアルに感じてしまった。謎解き要素だけではなく、事件に巻き込まれた家族という視点がより本作を味わい深いものにさせている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月23日

グリコ森永事件は昭和未解決事件の5指に入るだろう。
この事件の事実に基づいたフィクション。
詳細は知らないが、読んでいるうちに徐々に思い出す。
自宅から事件に関係有る資料と、子供の頃の自身の声で吹き込まれた、犯行に使われたテープを聞いた曽根俊也(京都でテーラーを営む)と、事件の掘り起し企画に参加させ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月17日

全然予備知識が無いまま読んだが、冒頭から
この物語に引き込まれた。
グリコ森永事件の概要は知っていたが、子供が巻き込まれた事までは知らなかった。やはり未解決事件だけあって
現実も闇が深い事件だと思い知らされた。
とにかく最初から最後まで読ませる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play