鬼物語

鬼物語

作者名 :
通常価格 1,404円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

誤解を解く努力をしないというのは、嘘をついているのと同じなんだよ
阿良々木暦(あららぎこよみ)の影に棲む吸血鬼・忍野忍(おしのしのぶ)。彼女の記憶から呼び覚まされた、"怪異を超越する脅威"とは……!?
美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ――!!
<物語>シリーズ第12巻

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社BOX
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2011年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB
  • アニメ化

    「続・終物語&〈物語〉シリーズ セレクション」

    2019年4月6日~ TOKYO MXほか
    声の出演:神谷浩史、喜多村英梨、井口裕香

  • 映画化

    「続・終物語」

    2018年11月10日公開
    出演:神谷浩史、斎藤千和、加藤英美里

書店員のおすすめ

西尾維新節が炸裂!"言葉の暴力って知ってるか" "なら言葉の警察を呼びなさいよ"
友達ができると人間強度が下がる高校生、阿良々木暦が空から落ちてきた容姿端麗・頭脳明晰な少女、戦場ヶ原ひたぎと出会い、彼女の秘密を知ることになる。そして、その秘密は"怪異"絡みだった。
西尾維新独特の世界観で、青春時代を"怪異"と共に過ごし成長していく登場人物たちが魅力的!
(書店員:ローズ)

Posted by ブクログ 2013年06月17日

くらやみ ヒットマン

忍の過去。右手だけの初代怪異殺し。
復活。神の代わり。消滅した村。吹き飛んだ湖。南極。集まってくる怪異。食べる。焼かれる前に回復。
扇ちゃん?臥煙伊豆湖。神原駿河が姪。何でも知ってる。忍野さんたちの先輩。レウコクロリディウム。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~27巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~20件目 / 27件
  • 囮物語
    1,404円(税込)
    ――嘘つき。神様の癖に かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子(せんごくなでこ)。阿良々木暦(あららぎこよみ)に想いを寄せつづける彼女の前に現れた、真っ白な"使者"の正体とは……? <物語>は最終章へと、うねり、絡まり、進化する―― <物語>シリーズ第11巻
  • 鬼物語
    1,404円(税込)
    誤解を解く努力をしないというのは、嘘をついているのと同じなんだよ 阿良々木暦(あららぎこよみ)の影に棲む吸血鬼・忍野忍(おしのしのぶ)。彼女の記憶から呼び覚まされた、"怪異を超越する脅威"とは……!? 美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ――!! <物語>シリーズ第12巻
  • 恋物語
    1,404円(税込)
    片思いをずっと続けられたら──それは両想いよりも幸せだと思わない? 阿良々木暦(あららぎこよみ)を守るため、神様と命の取引をした少女・戦場ヶ原ひたぎ。 約束の"命日"が迫る冬休み 彼女が選んだのは、真っ黒で、最悪の手段だった……。 <物語>はその重圧に軋み、捩れ、悲鳴を上げる── <物語>シリーズ第13巻
  • 憑物語
    1,404円(税込)
    頼むからひと思いに──人思いにやってくれ 少しずつ、だがしかし確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を精算させられていく阿良々木暦。 大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった"見過ごすことのできない"変化とは……。 <物語>は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる──。 <物語>シリーズ第14巻
  • 暦物語
    1,728円(税込)
    美しき吸血鬼と出逢った春夜から、怪異に曳かれ続けた阿良々木暦。立ち止まれぬまま十二カ月はめぐり、<物語>はついに運命の朝を迎える――。<物語>シリーズ第15巻
  • 終物語 (上)
    1,620円(税込)
    "お前は何も知らないのよ――阿良々木。自分が何で出来ているかを知らないの"真っ暗な瞳の高校生・忍野扇。彼女が微笑みながら解き明かす、阿良々木暦の始点とは……?<物語>シリーズ第16巻
  • 終物語 (中)
    1,620円(税込)
    "神原駿河は、私の姉の娘だよ――眠らせておくには惜しい才能さ"何でも知ってるおねーさん・臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは……?<物語>シリーズ第17巻
  • 終物語 (下)
    1,620円(税込)
    "それがきみの――青春の終わりだ"大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった――。<物語>シリーズ第18巻
  • 続・終物語
    1,404円(税込)
    "私、とっても幸せなのに――こんなの、全部嘘だって思ってる" 直江津高校卒業式の翌朝。妹達の力を借りずに目覚め、"何者でもなくなった"阿良々木暦が向かい合う、新しい世界とは……? 彼ら彼女らの物語の――続き。 <物語>シリーズ第19巻
  • 愚物語
    1,404円(税込)
    それじゃあ、僕の勝利を祈っていて。この世界と、きみが愛する人達のために 阿良々木暦を監視する式神童女・斧乃木余接。 死体の付喪神である彼女が挑む、命がけの死闘とは!? <物語>は育ち、走り続けて燃え盛る! <物語>シリーズ第20巻

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています