人類最強のときめき
  • 最新刊

人類最強のときめき

作者名 :
通常価格 885円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人類最強の請負人・哀川潤。長瀞とろみの依頼で乗り込んだのは、生まれたての火山島。哀川潤が生存競争を挑むのは――植物!?『戯言』から芽吹き、『人間』以上に伸びやかな、『最強』のスペクタクル!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
電子版発売日
2017年04月20日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月04日

読み進めてしまう本のアイディアは就活の時に思い付いたネタと一緒で面白かった。植物の話は普通。哀川さんが無双してた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月26日

前作までと違って、危険な調査ではなく政治的に収まるまで居て欲しいと請われて行ったにも関わらず、とんでもない荒唐無稽な出来事に遭うあたりさすがは哀川潤。
ただ、それが何だったのか、原因みたいものが書かれていないのはちょっと物足りないかも。

この中だと「死ぬほど幸せ」が一番好み。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月31日

1、2話は改行の少ない攻めのスタイル。短編なので、なんとか付いていける。しかし、とんでもないものと戦うな。「ペンは剣よりも強し」は『D坂の美少年』に続いて...。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月20日

 海底火山の噴火により、新たな島が誕生した。しかし、その海域は国境やら支配地域やらの関係上、絶妙に危うい区域で、現在表裏を問わず、十以上の組織が所有権を主張している。新たな火種が世界を焼き尽くす前にどうにかしようと、どうにかしてもらおうと選ばれたのが、人類最強の請負人、哀川潤。島に数日滞在するだけの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月19日

最強シリーズ三冊目。いつもの西尾維新らしい、雑学を交えながら最後にうまいオチをもってくる短編。シリーズの位置づけ上仕方ないけど、ストーリーはない、進まない。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「最強シリーズ」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play