異類婚姻譚

異類婚姻譚

作者名 :
通常価格 1,134円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、「藁の夫」など短編3篇を収録。第154回芥川賞受賞作!

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2016年01月19日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月27日

芥川賞受賞作品ということで気になっていたが、やっとのことで古本屋で購入した。装丁にあるおかめとひょっとこのお面を尾っぽにつけたリスの可愛らしさと奇妙さが、表題にある異類婚姻譚というタイトルと帯にある煽り文に似合っている。
人と顔が似ていて嬉しい人はいるのだろうか。人間にとって名前は記号であり、顔は看...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月21日

これは、あれかな、気持ち悪いのに、気持ちいいかんじの。
体に悪いのにおいしいものを食べるような。
恍惚感というか。
なにか異形のものをみた気がしたあとで、それがよく知っているような気になるような。
とにかく収められていたどの話もおもしろい。
一作ずつが面白いから、味わいを続かせたくなるけど、雰囲気を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年05月23日

個人的には結構評価高め。同じ芥川賞の穴と同じような描写方法を感じた。

うまくまとめられてないけど、主題と考察は以下。随時更新する。

・夫婦という他人同士の関係の同一化。同一化から生じる図々しさと甘え。そこに起因する不安。

・他人にもかかわらず、1番自分の図々しさや甘えが浮き彫りになるのも夫婦。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月13日

本屋で見かけてからずっと気になってた本。表紙の絵柄から、妖怪と人間が結婚する昔話ファンタジー(しゃばけ的な)内容を想定してたけど、全然違った。ホラーでもないけど、ぞっとする話。最後の藁の夫の話も不気味。5,6歳の頃、日常生活の中でふと怖い妄想が浮かんで頭から離れなくなることがあったけど、それを小説に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月06日

「同化」と「境目」がキーワードの作品だなと思った。
結婚とは何か、自分とは何かについて考えさせられる。
少しだけ、梶井基次郎系の匂いを感じた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play