キッド

キッド

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

殺人の濡れ衣を着せられた元自衛隊員VS.政府が秘密裏に構築する巨大監視網
超監視社会の闇を描き切る、警察ミステリーの新たな金字塔。
『震える牛』『血の轍』を凌ぐ、著者渾身の最高傑作!

上海の商社マン・王作民と秘書のボディーガードとして福岡空港に降り立った城戸護。かつては陸上自衛隊の空挺部隊に所属し、レンジャーの称号を得た、選りすぐりの兵士だった。到着ロビーで城戸は、王を監視する刑事の存在を察知する。想定外の事態を不審に思いながら護衛を続けると、今度は秘書が王を射殺し、自死してしまった。何が起きているのか? 自分は嵌められたのか? 殺人の濡れ衣を着せられる窮地に兵士魂を呼び起こした城戸は、警察が超法規的に構築した監視システムによる追跡をかわし、事件の真相に迫る。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2019年03月06日
コンテンツ形式
EPUB

「キッド」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月26日

元自衛隊特殊部隊、傭兵経験者の城戸が中国人要人の警護を依頼され来日。しかし警護対象が秘書に射殺されその秘書も自殺,木戸は追われる身となるがその原因は彼の過去にあった…。監視システムの粋を尽くして追跡する公安警察との対決の行方は。アクションと監視社会の描写が見所の作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月25日

元自衛隊レンジャーの城戸。上海の商社マン・王の護衛を依頼される。しかし、王とその秘書は殺されてしまう。殺人の濡れ衣を着され、警察より逃げる城戸、罠にかけられたのか。昔の知り合いを頼り事件の裏を暴く、突き進む。
スパイアクションものを書くとは思わなかったな。こういうのは好きだけれど。情報は丸裸にされて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月25日

著者の得意分野とも言えるハードボイルドものだが、スパイ要素もある上、両陣営に肩入れしたくなる人物がいて楽しめた。最後、勢力図の種明かしが意外性を求めすぎたのか、イマイチ理解できずマイナス1。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月24日

城戸は自衛隊の精鋭だったにもかかわらず、今は香港でリスクマネジメントの仕事をしている。中国の会社の専務、王のボディガードとして一緒に来日した。すると、専務は殺害され、城戸は警察から逃げた。この会社は北朝鮮への密輸を手がけているようだ。追う週刊誌記者、公安。王が死ぬ時に残したbaitという言葉・・・
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!