もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(7)
  • NEW
  • 最新刊

もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(7)

作者名 :
通常価格 216円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックスのシミュレーションしよっか」といきなりベッドに押し倒され…気持ち良いところを指と舌を使って攻め立てられたら、ビリビリしてダメっ――…俺だって優しいままでいたかった、でも…もう幼馴染じゃいられない、一人の男として俺を見て。

ジャンル
出版社
グループH
掲載誌・レーベル
恋愛ショコラ
電子版発売日
2019年08月09日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(1)
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(2)
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(3)
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(4)
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(5)
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(6)
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...
  • もう幼馴染じゃない~俺の愛から逃げないで(7)
    続巻入荷
    「俺となら手をつなぐ先の練習もできるだろ」初めて聞く甘い声音に、知らない男の人のような瞳、良輔はただの幼馴染だったはずなのに…ドが付くほど奥手の野花香織は、唯一緊張しないで話すことができる幼馴染の良輔と、彼氏をつくるための予行練習として『恋愛シミュレーション』を行う日々を過ごしていた。ある日、香織は憧れていた上司・蝶野からご飯に誘われる。そのことを良輔に報告すると、「セックス...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています