ひとんち~澤村伊智短編集~
  • ptバック

ひとんち~澤村伊智短編集~

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

402pt

  • 30%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

誰しも、人には言えないことがある。マイナーな趣味や特殊な持病は理解してもらいづらいし、結婚相手の実家には馴染みのない習慣があるものだ。心地よくくつろげるはずの我が家にも、世間には明かせない秘密が潜んでいるのかも……。現実への強烈な違和感を通奏低音に、恐怖と異形、人間心理の暗部にこだわりぬいて紡いだ全8編。『来る』の映像化でも注目の俊英、初の短編小説集! 禍々しくて、穢らわしくて、素晴らしい。

ジャンル
出版社
光文社
電子版発売日
2019年02月22日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ひとんち~澤村伊智短編集~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    連続して澤村さん作品を読む。やっぱり面白い!ホラーだけど面白い!もちろん怖くて面白いってことで。

    「ひとんち」の常識は「じぶんち」の常識とずれていることがよくある。じぶんちでしか通用しない言葉や行動。そこに異形の世界に通じる扉があったなら…。

    まず表題作のラストでドキリとさせられる。あと不幸の手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月13日

    ホラー短編集。日常の隣から異世界があふれ出し、じわじわと忍び寄り、そして一気に襲い掛かってくる印象の作品ばかり。「常識」って何なのか、ちょっと揺らいでくる気分もします。
    お気に入りは「ありふれた映像」。いちばんありそうな話で、その正体がはっきりしない怖さもあり、いちばん嫌な物語。そこかしこで見かける...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月10日

    ホラー短編集。
    あえてこの中で一番を決めるなら「ありふれた映像」かな。
    本当に街中にありふれている映像って全然見ないものだけど、実はその中に恐怖が潜んでいる、っていう、ありえなさそうでありえそうなぞっとする感じのホラー。

    ちょっとしたズレ、「常識」と思っていた非常識とか、そこはかとない怖さがいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月27日

    澤村伊智の小説読むのは初めてだけど、ニュッと怖くなるのが凄い。恐怖が表面に出るというよりは、恐怖に表も裏も無いことに気付いちゃうこと自体が怖い。あらら、気付いちゃった? みたいな四面楚歌の取り残され感が半端ない。長編も読みたくなる作風……たぶん超怖い。"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月05日

    なんだろう、好きな話はすごく好きだけど、それ以外は、うーーーーん、不完全燃焼って感じかなぁ。
    「夢の行き先」と「じぶんち」が不完全燃焼だなあ、それまでの内容がすごい不気味やったからちょっと拍子抜けっていうか。「ありふれた映像」「宮本くんの手」「シュマシラ」は読後に尾を引く怖さでかなり好きやった。「闇...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    今までよりは怖くないけど、いろいろ考えていくとやっぱり怖い。日常に潜む怪異という感じ。怖いものは実は隣にいるって感じが背筋にゾワゾワしたものがはしる…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    『ぼぎわんが、来る』で、第22回日本ホラー小説大賞の大賞を受賞した著者のホラー短編集。

    3話目を読んだときに、作風が合わないと思い、読むのをやめてしまったのだが、後日つづきを読むと、日常から非日常へと、いつのまにか入り込んでしまう恐怖がよく描かれており、ストーリーも描写も好みの内容だった。

    雑誌...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    ホラー短編集。
    「ひとんち」から始まり「じぶんち」で終わる。
    「シュマシラ」が民俗学的な面白さもあり、一番好みだった。得体の知れない怪異は得体の知れないままの方が恐ろしい。
    よく見たら、本来あるはずのない部分に突然ぽっかり開いた窓という、表紙のデザインが秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    怖くて不快な気持ちになりたい…!とジャケットで選んだもの。
    はじめの「ひとんち」はまぁまぁ良かった(というか、不快で怖い、読みたかった感じ)けど、その後は、まぁ…普通…くらいで、やめようかと思ってたら最後の二編が怖かった。
    世にも奇妙な物語的な感じだった。
    「死神」は、川上弘美の「人魚」と似ていて、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月21日

    短編集。ゾーっとしていい感じ。
    共通の話題だと思っていても少しずれている? と感じたら要注意なのか。いやー、誰でも自分中心だから、多少のズレは気づかないよね。
    よく確認しないとね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています