守城の人 明治人 柴五郎大将の生涯
  • NEW

守城の人 明治人 柴五郎大将の生涯

作者名 :
通常価格 1,285円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

その生涯に二度「敗戦」の悲哀を味わった風雲児柴五郎―十歳のとき会津落城を、そして八十八歳のとき陸軍の最長老として大日本帝国の敗北を…。政治小説「佳人の奇遇」で文名を謳われた柴四朗を兄に持ち、北京篭城戦でその名を世界にとどろかせ、賊軍の出ながら大将にまで昇りつめた波瀾万丈の足跡を辿る。

ジャンル
出版社
潮書房光人新社
ページ数
774ページ
電子版発売日
2019年02月22日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2008年10月29日

会津藩出身、北京籠城でコルネル・シバといわれたの柴五郎のお話。
少年時代を過ごした幕末、過酷な斗南での生活
そして明治、軍人として。

淡々とした文体が読みやすかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月27日

坂本龍馬や新撰組、東郷平八郎はよく知られているのに柴五郎が知る人がそれに対して少ないのは悲しいことである。

彼の生き方も十分魅力的だと思うのだが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月30日

軍人になってからも、柴五郎は 会津や薩摩長州 という 小さな お国意識、幼少期の敗北感を 持ち続けていたのだろうか

明治、大正における 日本らしくない戦争国時代の 英雄史として 読んでいます



歴史小説家が 柴五郎を取り上げないのが 不思議。こんなに 人生イロイロなのに

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています