ゆえに、警官は見護る

ゆえに、警官は見護る

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

明け方の港区芝浦のマンション前で焼死体が発見された。重ねられた自動車タイヤの中に立たせた人体を燃やすという残忍な手口は世間の耳目を集める。だが検視の結果、燃焼時には既に死亡していたこと、遺体は長時間冷凍されたものだったことが判明する。さらには、西新宿のビルの前で同様の手口の殺人放火事件が発生。新宿署の留置管理課に異動となった武本は、新宿署の特別捜査本部に応援にきた警視庁刑事総務課刑事企画第一係の潮崎警視と再会する。二人の接近を警戒する同捜査一課課長の下田警視は、同捜査二課知能犯捜査第一係の宇佐見巡査部長と、入庁二年目で捜査一課に抜擢された正木星里花巡査を、そのお目付け役として派遣する。人気シリーズ第四弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
電子版発売日
2019年02月16日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ゆえに、警官は見護る のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月10日

    シリーズ四作目。留置場勤務となった武本の気にかかる留置人。一方で起こった事件の捜査に駆り出された潮崎。またしてもこのコンビの活躍が! というところだけれど。今回は武本の活躍が少なめ? でも彼の着眼点というか観察眼は実に見事です。職務に対する姿勢が立派過ぎて、これは警察官は見習うべきことですよねえ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月29日

    今回の武本さんは留置管理課。前作での捜査でとばされた?しかし、そこは武本さん愚直なまでの真面目さで事件解決に貢献するあたりがいいですね。潮崎さんのお目付け役の二人がだんだんと潮崎さん寄りになっていくのが面白い(^^)事件の内容は武本さんの言う通り「やりきれない」重いものだが潮崎、宇佐見、星里花の三人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    好きなシリーズ4作目。
    今回は、前作の結果の異動により武本が留置担当になっており、捜査にあたる潮崎とチームになるのは、女性捜査員の正木と屁理屈財務捜査官の宇佐見。
    武本があまり登場しないのは残念だったが、宇佐見もなかなか面白い人物で気に入りました。
    見護るというタイトルは「みまもる」かと思ったら「み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    62随分待ちました。前作思い出すのに時間かかったわ!シックでプロットもちゃんとしてて、優しい水みたいな作品より、消防と警察に絞って量産してください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月28日

    明け方の港区芝浦のマンション前で焼死体が発見された。重ねられたタイヤに立たせた人体を燃やすという残忍な手口は世間の耳目を集める。だが検視の結果、燃焼時には既に死亡していたこと、遺体は長時間冷凍されたものだったことが判明する。一方、新宿署の留置管理課に異動となった武本は、深夜の歌舞伎町での喧嘩で逮捕、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月31日

    潮崎のキャラが特に好き。
    いいわー、ああいう人。見ていて嬉しくなる。
    宇佐美も、変人だけどなんだか憎めない。
    事件は、本当に、なんだかやりきれないけど、、、
    あのラストに大笑いで、自作に大いに期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月17日

    武本&潮崎シリーズ第4弾。
    前作が2013年発売なのでかなり久しぶり。

    武本さんが元気そうで、捜査一課の人から認められているのが嬉しい。
    お弁当を武本さんに差し入れて苦手なケールを押しつける潮崎さんが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    シリーズ第4弾。
    第4弾と言っても、前作から随分経っており、遅筆な作家さんと分かっていつつも、「やっと続編が…」となってしまうぐらい、前作の内容が思い出せない。
    多分前作の絡みで、新宿署の留置管理課に異動になった武本。12月上旬に新宿で暴行事件を起こした、ある一人の留置人が気になっていた。
    それと同...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月08日

    やはり主役の武本が留置管理官になっているせいなのか、前作のダイハードのような話とはまるきりちがって、動きが少ない.... たしかに留置場のことはよくわかったけれど、やけに説明的に感じてしまった。
    ストーリーの方は被害者、加害者の関係がなかなか最後までわからなかったのだが、切ない話で救いがあまり感じら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月16日

    シリーズ第4弾!なのだが前段をまったく覚えていないのであった。

    しかし面白かった。読み応え抜群。
    警視は実際に部下になったらすごく大変だろうなあ・・・としみじみした。絶対いや。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています