両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
  • ptバック

両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

805pt

  • 30%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「両利きの経営」とは?
知の探索……自身・自社の既存の認知の範囲を超えて、遠くに認知を広げていこうとする行為
 +
知の深化……自身・自社の持つ一定分野の知を継続して深掘りし、磨き込んでいく行為

両利きの経営が行えている企業ほど、イノベーションが起き、パフォーマンスが高くなる傾向は、多くの経営学の実証研究で示されている。


世界のイノベーション研究の最重要理論「両利きの経営」に関する初の体系的な解説書。日本では、クリステンセン教授のベストセラー『イノベーターのジレンマ』がよく知られているが、世界の経営学は、こちらが主流である。本書は、世界の経営学をリードするオライリー教授とタッシュマン教授による実践的な経営書である。豊富な事例を挙げて、成功の罠にはまった企業・リーダーと、変化に適応して成長できたそれとを対比させながら、イノベーションで既存事業を強化しつつ(深化)、従来とは異なるケイパビリティが求められる新規事業を開拓し(探索)、変化に適応する両利きの経営のコンセプトや実践のポイントを解説する。これは、多くの成熟企業にとって陥りがちな罠であり、イノベーション実現に必要な処方箋が、この理論の中にある。日本語版として、気鋭の経営学者である入山章栄氏による理論の背景、冨山和彦氏による実務の最前線からの日本企業への示唆という「W解説」を収録する。


「成熟企業にとっての永遠の難題は何か。中核事業を維持しながら、同時にイノベーションを起こし、新たな成長を追求していくことである。本書は、それに対する洞察に満ちた解決策を提供してくれる」 ――クレイトン・クレイテンセン(ハーバード・ビジネス・スクール教授)

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
416ページ
電子版発売日
2019年02月15日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    価値の源泉となる方法を知るため、読みました。本書の内容を一言でいうと「トップダウンで探索と深化を両立させることがイノベーションに必要」です。人生においても探索と深化を高次元で両立することが必要と感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    新規事業担当には必読の1冊。知の探索と知の深化。世の中でも皆気が付き始めていることだとは思うが、具体例も豊富に交えて解説してあり頭の整理になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    ■両利きの経営とは
    以下2点をリーダーシップを持って推進していくこと。
    ・知の探索
    自身や自社の既存の認知の範囲を超えて、遠くに認知を広げていこうとする行為
    ・知の深化
    自身や自社の持つ一定分野の知を継続して深掘りし、磨き込んでいく行為

    既存事業の影響や支配を受けずに、一方で既存事業の持つ資産(含...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月28日

    現代のイノベーションの指南書。感覚的には、わかっていたが、論理的にまとめられている。つまるところ、探索先がむずかしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    企業が所謂「イノベーションのジレンマ」に陥ることなく、持続的に成功するためには、既存事業の「深化」と新規事業の「探索」を両立する必要があり、その実践に向けた経営手法やリーダーシップの要諦を明らかにした一冊。

    既存事業が抵抗勢力となって「探索」を阻むのを避けるため、リーダーは「探索」と「深化」の両方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日

    ジャンルを超えてきた競合との、新たな競争に晒されるなか、成熟企業には「探索」と「深化」、共にマネージできること、すなわち「両ききの経営」が求められる。両立は不可能、せめてスピンアウトを、との論調が一般的なところだが、筆者は構造的には分離させつつ、接点をマネージしながら、運命共同体としての共通の報酬制...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    成長を続ける大企業と、破綻に追い込まれた大企業。その差は何か?
    成長し続ける企業は、
    ・既存の資産と組織能力を「深化・有効活用」しながら
    ・新規事業を「探索・開拓」している。
    こうした経営を「両利きの経営」という。

    十分な資源や組織能力を保有しながら、破綻もしくは倒産寸前に至った企業の共通点は、「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    両利きの経営を実践できている企業やリーダーシップに関するケーススタディがとても多く記載されているので、じっくりと読むべき本。
    また、両利きの経営において成功率が高まる必要条件が示されている。イノベーションを生み出すための教科書といえる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    クリステンセンの「イノベーション・ジレンマ」で理解したが、実行力の構築が困難だ、と感じていた人にとっての良書です。
    現業強化の深化、新事業の探索の両立に関する考え方のフレームワークの例があり参考になるはずです。
    しかしながら、もう1歩踏み込んだ事例解説にならないと、既存事業が強い組織での実行力を作る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月30日

    最近よく聞く両利きの経営のオリジナル。事例が多くて読むのは大変だが、既存事業を持つ企業が新規分野を探索するには、既存事業とある程度分離しつつも強みとリソースを活用できる組織設計がポイントでそれをできるリーダがいるかどうかが成功と失敗を分ける、ということを再認識。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています