夜の側に立つ

夜の側に立つ

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

誰にだって秘密はある。後悔もある。欲望もある。嘘だってつく。この人がいなくなればと思うことだって、一度くらいはきっとある――。十代、二十代、三十代、そして四十歳になろうとする現在。四つの時間軸を縦横無尽に行き来して描かれる、残酷にして誠実な青春の残滓。大人は判ってくれないと思っていたあなたへ。この小説は胸にくる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2019年02月01日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

夜の側に立つ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    10代で出会った自分よりイケてる、スターな仲間たち。バンド活動。隣人との秘密。臆病で手に入れられなかった恋人。
    20代、それぞれの道。
    30代、友の死。もしかしたら願っていたかもしれない。
    40代、本心、本当に手に入れたいもの、手放してはならないもの、罪悪感からの解放。

    すれ違いが切なくて、たぶん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    私も30年くらい昔、王子駅で線路に落ちた人を助ける為に線路に降りたことがあった。 もっとも『前の駅を出ました』という警告灯を確認してからのセコいダイビングだったけれど…(笑)。

    そのあとその方がどうなったのかの報告もなかったし、それを機に駅職員になった事もなく(笑)、その件で特に表彰されるよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

    野本了治の十代、二十代、三十代
    そして、四十歳の現在。
    四つの時代を行き来する。
    了治は3つの悲劇に見舞われる。

    P59
    〈振り返れば、明らかな転機もいくつかあった。
     それがなければ何かが変わっていただろうと確信できるような転機だ〉
    でも、あの出来事は転機ではなく悲劇だ。
    夜の湖で親友(壮介)は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    37今までの青春バンザイって感じを脱して生きることの意味と、抗う勇気が見えてきて爽やかな作品でした。まあみんな頑張って!という感じですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月02日

    高校三年生の時にバンドを組んだメンバー野本、壮介、君香、昌子、信明。
    40歳直前の夏の終わりに、ボートの事故に会い、壮介が亡くなった。…

    主人公の野本は、淡々と生きる男で、スターではないと言いながらもかなりモテいた。
    一方ずっとスターだった壮介には、少しずつ見えてくる負の部分があった。

    そんな2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    目の前で友人が亡くなってしまったら、ずーっと気になって仕方がないよな。
    その気持ち悪さがずーっと続くなんて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月30日

    高校時代にバンドを組んでいた5人の仲間たち。40歳のある日、仲間たちは集まり、事故で壮介は死亡する、
    常にスターだった仲間たちに囲まれた主人公の了治の心情を時間軸を過去と未来を往き来しながら、描いていく。
    うまく立ち回れない若い頃のもどかしさ、せつなさがそこにはある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    その時は大きな出来事も、時が過ぎれば小さなことで、そんなことを気にして生きた男の人生。
    高校のときに結成したバンド・メンバーの一人が亡くなる。事故として処理されているが。。。
    その真相よりも、心理描写、見せ方が上手いので男の半生に見入ってしまう。
    誰にでも夜の側に立つ可能性はあると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月09日

    親友は死に、僕が生き残った。夜の湖で。愛する女性の前でーー。
    生徒会長の信明、副会長の昌子、イケメンで元バスケ部のエース壮介、美しい君香、そして了治。高3の夏、5人で組んだバンド。楽しかった。親友だった。彼らはスターだった、たったひとり僕を除いて・・・

    主人公了治の劣等感。好きな相手への伝えられな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月08日

    青年期から中年までの5人の友情を描いた作品。

    決然たる四十歳・現在
    純然たる十八歳・八月
    断章・車
    雑然たる二十代・二十一歳
    断章・湖
    騒然たる三十代・三十一歳
    断章・死
    決然たる四十歳・現在
    純然たる十八歳・九月
    雑然たる二十代・二十五歳
    騒然たる三十代・三十四歳
    決然た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています