コヨーテの翼

コヨーテの翼

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2020年7月24日に開幕する東京オリンピック。その開会式に出席する日本の首相や世界各国のVIP殺害を画策する過激派は、一人のスナイパーを雇う。スナイパーは数々の要人暗殺に関わったとされるが正体は不明。そんなある日、警視庁にオリンピックの中止を求めるメールが入る。メールには、中止に応じない場合は、テロを仕掛けるともあった……。超人的スナイパーVS日本の全警察官。果たしてテロを防ぐことはできるのか。超絶エンタメ・サスペンス。

ジャンル
出版社
双葉社
電子版発売日
2019年02月01日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

コヨーテの翼 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    ①時系列で進む緊迫感、最後の意外性と予想以上に面白かった。2017年に書かれた作品だが、いよいよ7月に開幕する東京オリンピックにこのようなことが絶対に起こらないようにしなければならないと思わせる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月14日

    東京オリンピック開会式で首相を暗殺しようと企む冷酷な殺し屋コヨーテ、警察は謎の殺し屋にたどり着けるかという話。警備のスケールがでかすぎて、主人公は暗殺阻止をどうやるのか鍵だったが、思い切った方法を取る。来年のオリンピックも警備は大変だろうなぁ・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月09日

    ヒール役にも感情移入できて双方向から楽しめるストーリー。強いて言うならどんでん返し的な要素があればもっと良かった。経過はどうあれ結果は予想できたものだったのが残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月22日

    東京五輪を舞台とした警察vsテロのサスペンス
    2020年4月1日から開会式の7月24日までのカウントダウン毎に、警察とテロリストそれぞれの状況の変化が交互に綴られている。

    2つの視点での目まぐるしい状況の変化という複雑な状況にもかかわらず、読んでいて情報が混乱することなく、頭の中で場面がすっと切り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月01日

    東京オリンピックとテロ。
    旬なテーマに期待したんですが、疾走感がないというか、追い立てられるような恐怖が感じられないというか。。。。ちょっぴり残念だったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    殺し屋 VS 刑事

    日本のアナン総理の命を狙う殺し屋 コヨーテ。
    そんな殺し屋からアナン総理暗殺を阻止する為 捜査する警視庁刑事達の話。

    警察とコヨーテの攻防がもっと見たかった。

    コヨーテの正体はまさかでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月18日

    来るべき東京オリンピックでテロリストが活動したらどうなるのかというシミュレーション小説。
    日本は基本的にテロに対して脆弱な都市なので、テロリストが本気を出せばとんでもないテロ行為はできるはずだ。
    ちょっと面白かった小説。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています