W県警の悲劇

W県警の悲劇

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

警察官であるより前に、一人の人間として、常に正しくありたいんだよ――「警察官の鑑」と誰からも尊敬されていた熊倉警部。W県警初の女性警視へと登りつめた松永菜穂子は、彼にある極秘任務を与えていた。その最中の、突然死。事故かそれとも……。事故として処理したい菜穂子の胸中を知ってか知らずか、熊倉警部の娘が事件現場についてあることに気づく。『絶叫』『凍てつく太陽』の著者が贈る、ネタバレ厳禁!前代未聞の警察小説。

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年01月19日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年05月07日

実によくできた連作短編ミステリー。W県警を舞台にした全て女性(警官)が主人公の短編集。各短編自体そこまで個性的では無いけども、小説らしいテクニックも駆使され、どれもオチが予想できない展開で最後にあっと驚かされる。どれも短編だけに途中の中だるみもなくちょうど良い。そしてそれらの短編全体が緩くつながって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは14,081

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!