われは歌えどもやぶれかぶれ
  • NEW

われは歌えどもやぶれかぶれ

作者名 :
通常価格 1,360円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

〈このタイトルは室生犀星が「純文学誌」に書いた小説をぼくが高校生のときに授業中に読んでいて──小便がでなくて苦悩するこの小説に首をかしげていたものだ。尿が出ない苦悩、なんて高校生には意味がわからなかった。今は前立腺肥大によるものと理解できる。そのときの犀星は七十二歳でいまのぼくがそれと同じだ〉(本文より)老いてもなお椎名誠! なめんなよな。極悪ピロリ菌掃討作戦を決行するも、思いもかけぬ困難が待ち受けたり、昔の旅のアレコレも「もう二度と行かないだろう」という苦い述懐になったり。シーナさんの日常と非日常。最新エッセイ集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年01月25日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月23日

あの筋骨隆々の椎名誠も御年73歳かぁ。
白内障の傾向も出てきたとか…
でも、相変わらず同い年のイラストレーター沢野ひとしとか仲間たち15人くらいで毎年、海釣りに行ってるらしいから、元気な元気なのね。
久しぶりに読んだけど、椎名節は健在だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月14日

「楽しき人生はいつまでも続かない」「我が人生の旅のことなど」…、テーマに老いを感じる、内容も回想シーンが多い、あとがきにも元気がない。我らがシーナも70代半ば、不眠症や鬱傾向、痛風に悩まされているようで心配。いつまでも元気でいてほしいのに…。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています