青炎の剣士 紐結びの魔道師3

青炎の剣士 紐結びの魔道師3

作者名 :
通常価格 1,833円 (1,667円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

束の間の平穏は春の訪れとともに去り、リクエンシスたちが身を寄せたオルン村に、元コンスル帝国軍人ライディネス率いる軍がおしよせてきた。リクエンシスとトゥーラは、リクエンシスを追ってきた邪悪な化物に立ちむかうべく〈死者の谷〉に下り、戦線を離脱。エミラーダはある目的を胸にライディネス軍に寝返る。だが、事態はエミラーダの思惑を超えてとんでもない方向に動き出していた。リクエンシスと仲間たちは事態を収拾し、魔女国の呪いを解くことができるのか。紐結びの魔道師三部作ここに完結。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
ページ数
317ページ
電子版発売日
2019年01月18日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

青炎の剣士 紐結びの魔道師3 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月16日

    魔道師の放つ魅力はもちろんだが,みんなで乗り越えていく信頼する力,絆に圧倒された.エミラーダの月の裏側への旅の神々しさ,紐が解ける時の眩いばかりの場面,ユースのの戦いなど心に残るシーンが満載だった.何より嬉しかったのはダンダンが竜になって大空を舞うところ,見事なエンディングでした.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    シリーズでは稀な朗らかさと頼もしき悪友を持つエンスの旅が終わった。この世界の入り口であった「夜の写本師」から振り返っても、こんなに賑やかな気性の魔道師はいなかったなあと感じ入る。とはいえカリュドウやキアルスを、わたしは大好き。さて、この物語の発端は1500年も前に始まっていた。それをどのように見届け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月11日

    紐結びの魔道師三部作・完結。

    なかなか手強い(というか、しつこい)イスリルの魔道師を撃退しながら、事態の収拾と解放に向けて進み続けるエンス達一行。
    仲間達各々が、自らの役割をこなしていて、本当良いチームになったなぁと感慨深いものがあります。
    希望にあふれたラストも素敵で、是非メンバーそれぞれの後日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月25日

    いやあ、面白かった。乾石節堪能しました。
    シリーズ読んだのだいぶ前だったのでちょっと前の話どうだったかなーっとか思いつつ読み始めたんだけど、
    エンスとトウーラのラブラブ具合とかユースの元気な感じとかリコの騒がしくて憎めない感じとか読んでるうちに
    黒い逆恨み甚だしい魔術師との攻防やライオディネスの語る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています