幽霊解放区

幽霊解放区

作者名 :
通常価格 795円 (723円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

赤川ミステリーの世界を堪能できる、人気シリーズの第二十七弾が登場!

宇野と夕子が旅先のレストランで食事をしていると、“死んだはずの男”から「予約」の電話が入った。
この男は、かつて地元商店街会長の16歳の娘が遺体で発見された際に、店の主人の証言によって、殺人容疑で逮捕され、現場検証の直後に、トラックにはねられ、即死していた。 後日、この家族が暮らしていた家も、謎の火事で全焼してしまった。
果たして、「死者からの予約」はホンモノなのか。
被害少女は、いったい誰に殺されたのか。
不穏な雰囲気が漂う街の謎に、宇野と夕子が迫る。

表題作のほか、「ふさがれた窓」「忘れな草を私に」「悪夢の来た道」「悪魔の美しさ」「行列に消えて」「手から手へ、今」の計七篇を収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年01月11日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

幽霊解放区 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月15日

    安定の幽霊シリーズ。
    短編なので読みやすい。


    ***
    「宇野さん、夕子さん、またお世話になってしまって」と、沙知子が言った。「とんでもない」と、私は言った。「もっと早く真実が知れたら良かったですがね」宇野と夕子が、食事をしていたレストランに、死んだはずの男から「予約」の電話が入った。この男は、少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています