※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1860年の暮れ、イギリス・ロンドンにある王立研究所の一角に、たくさんの少年少女、そして大人たちが集まりました。ある人の登場を今か今かと待っています。

その人は、当時69歳だったマイケル・ファラデー。「もしその時代にノーベル賞があったら、彼は幾度も受賞したはず」と異口同音に言われるほど、多くの業績を上げた化学・物理学者です。やがて現れた偉大な科学者は、1本のロウソクを手に、優しく、そして楽しげに語り始めました……。

この講演、“The Chemical History of a Candle”は書籍にまとめられ、世界的なベストセラーとなりました。日本でも『ロウソクの科学』として知られています。産業革命によって大きく時代が動いた当時と同じように、現代にも通じる知恵がつまった歴史的名著です。本書では、今までの国内翻訳書にはない、再現可能な実験の写真や図解を掲載し、完訳ではなく抄訳によって、話の流れをわかりやすくしています。

話中では、「ロウソクはなぜ燃えるのか?」「燃えている間、何が起きているのか?」という謎が解き明かされる過程で、空気や水、金属、生物といった、この世界を形作るものの仕組み、美しさもつまびらかにされていきます。化学や物理の知識が得られるだけでなく、面白い実験やエピソードを楽しみながら、科学的な思考法に触れられる1冊です。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
サイエンス・アイ新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年12月19日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「ロウソクの科学」が教えてくれること 炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で

Posted by ブクログ 2019年02月17日

ファラデー著ろうそくの科学を現代風にアレンジ、写真を増やしてよりわかりやすくした本。非常にわかりやすく科学に興味が持てる。子供に読ませるにはこちらの方が入門的で良い。ただ頭の中で空想したり想像したりすることが少なくなる。何しろほぼ全て時や写真で説明されているので。

このレビューは参考になりましたか?