本と鍵の季節

本と鍵の季節

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが……。放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年12月14日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

本と鍵の季節 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月02日

    一つ一つの言動が、謎の解決につながっていて、キャラ一人一人も魅力的に書かれていてよかったです。少しどこかやるせない気持ちが残るのもまたこの本の魅力だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    主人公とその友達のキャラクターが、この本の謎解きを一層楽しくさせてると思う。登場人物の細かい表情とか言い回しとか、それぞれが事件の真相に繋がっていくのが、読んでて楽しいし、「そこ気づかんやったけど、確かに!」という発見がわかりやすいのもよかった。まだまだこの二人の世界に浸っていたかったなぁー……とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月30日

    図書委員の2人が他の人の相談してきた悩みを聞いて、それを解決というか、推理をしていくのですが、悩みを解決する度にズンっと気持ちが重くなっていくというか、人間の闇の部分がちらっと見えます。

    ただ、図書委員の2人がいいコンビなので、闇の部分がいい感じで相殺されているように感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    “言いたいことだけを言うのは難しいことだ。言いたくないことまで伝わってしまう。言いたいことの方は、たいてい歪んでしまうのに。”


    読み始めてすぐに、とてもいいなと思った。読み終わるのが残念なので、ゆっくり読みたいなと思う本。

    しかし、読み進めていくうちに、ただ読み応えがあるというだけでなく、物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    米澤さんらしい日常系の推理小説。
    登場人物は男子高校生で、内容も古典部シリーズに近いイメージだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    図書委員の少年2人と、舞い込む小さな謎たち
    高校生の推理力凄いなぁ
    そして解決された謎たちは、ほろ苦い
    本は鍵となり、季節は巡る
    少年2人の関係性は、大人になったらどんな風なのだろう思いを巡らせる
    友人であり続けてれば、きっと2人でまた謎を解いているだろう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    また、図書室で会おう。

    人気のない学校の図書室に持ち込まれるちょっとした相談事や謎。それを図書委員の2人の少年が、軽快なテンポで紐解いていく。
    あまりに軽快なテンポで進むので、相談事や謎の真実も、高校生らしいほのぼのした軽いものだろうと思っていた私は良い意味で裏切られた。人間のほの暗い部分というか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    学園物でミステリならば、個人的には古典部シリーズを進めてもらいたいのだが、このビターな感じは確かに古典部には合わないので別作品でよかった。
    人の死なないミステリではあるが、各短編の謎には人間の深いところにある闇が関わっていて、重さのある物語になっている。

    どちらかといえば季節限定シリーズの方が近い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    途中までは、今一つキャラクターが把握できなかった。
    しかし、松倉のプライベートな謎が語られてからは、しっかりこの世界に入ることができた。
    堀川の飲み込んだ言葉たちと、飲み込んだそれぞれ理由も、積み重ねられることで、人物像がよくわかった。
    シリーズもの好きとしては、今後の2人をまた読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    短編がいくつかあって微妙に繋がってる。
    すごく読みやすかった。
    どの話も面白かったが、もうちょっと読みたいなーと欲求不満!笑

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています