溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(9)
  • NEW
  • 最新刊

溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(9)

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「蜂谷君のいいなずけ…ってどういうこと?」胸には確かに嫉妬心が芽生えているのに…どうして私、快感に溺れてしまうの…?「感じる所、いっぺんに犯しちゃダメぇ…っ!!」――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
メルト
電子版発売日
2019年11月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

新刊オート購入

    購入済み

    続きが気になって。

    つつつー 2019年12月07日

    兎山さんの話がすきでついつい全巻購入しちゃいました。裏切りはなしでほんとに好きです。買ってよかった。はやく続きが読みたくなる話でした!

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(1)
    「別れた夫と同じ職場で働いている。そしてその“別れた夫”とは、今も体の関係が続いている――…」計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(2)
    「ははっ…突くたびにキュンキュンしてる。もう、ナカに出していい…?」計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(3)
    「会社では澄ましてるくせに、ベッドの上では嘘みたいに乱れる。…なんてことを知ってるのが、ずっと俺だけならいいのにな」この離婚に隠された、蜂谷の思惑とは…?――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(4)
    「このまま中出しして、既成事実つくって…でもそれって俺、ズルばっかだなぁ」…だけど本当は、3年前の《あの時》からずっと君だけを――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(5)
    「蜂谷君、いままで会社の中でこんなコト、一度も…っ!」本当の想いに気づいてしまった。だからもう、《恋人ごっこ》のままではいられない――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(6)
    「由布子、一生のお願い。俺と――…」とうとうやってきた《その時》。頭の奥まで痺れるような情交に、ふたりは…(もうっ、ゴム、外したいっ…!)――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(7)
    「思い出さない?この部屋でこうやって、何度も何度も子づくりしたこと…」けじめをつけるため、蜂谷家へと再び足を踏み入れた由布子。緊張と希望が入り混じる中、あの頃の想いを確かめ合って…――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(8)
    「噂って、“蜂谷が別れた嫁に未練タラタラだ”とか?……いいよ、ホントのことだし」復縁のことは、会社では内緒。でも、両想いセックスの快感を覚えたカラダは前ほど我慢がきかなくて…――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は...
  • 溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(9)
    続巻入荷
    「蜂谷君のいいなずけ…ってどういうこと?」胸には確かに嫉妬心が芽生えているのに…どうして私、快感に溺れてしまうの…?「感じる所、いっぺんに犯しちゃダメぇ…っ!!」――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~」に関連する特集・キャンペーン