NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える

NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「キャッシュはなくなり店舗は消える。支店はスマホになり、
金融商品はアプリとなる。データは資産。信用が貨幣。
そして「お金」は、あなたそのものになる――ようこそ、未来の銀行へ」

フィンテックの勃興、仮想通貨や電子通貨の広まり、
キャッシュレス化の波によって、猛然とデジタル化・モバイル化が押し進められ、
さらに、マイナス金利、低成長、働き方改革などによって、
産業、経済のルールまでもが抜本的に見直しを迫られてもいる。
変化の混乱のど真ん中にあって、
「金融」の世界はいったい何を指針に、どこへ向けて、
どう自らを刷新しうるのか? これからの新しい社会の
「金融」を担うべき新しい機関=次世代銀行とは、いかなるものなのか?

お金とテクノロジーと社会が織りなす社会変革の壮大なシナリオを、

ダグラス・ラシュコフ(アメリカの鬼才テックシンカー)、
デイビッド・バーチ(『ビットコインはチグリス川を漂う』)、
武邑光裕(『さよならインターネット』)、
山本龍彦(『AIと憲法』)、
池田純一(デザインシンカー)、
出井伸之(クオンタムリープ)、
tofubeats(DJ・トラックメーカー)から、
アリババ ジャパンCEO、現役メガバンク取締役まで、

時代を牽引する識者とともに、『さよなら未来』の著者で
WIRED前編集長の若林恵が考えた、
次世代ビジネスマン必読の「次世代銀行論」!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
136ページ
電子版発売日
2018年12月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月21日

    『WIRED』日本版の前編集長である若林恵氏の責任編集による本冊は、銀行、そして次の金融サービスがどう変化していくのかを、業界内外の有識者たちのインタビューと分かりやすいビジュアルでまとめたムック本であり、非常に面白い。

    本書で扱われる最大のテーマはオープンバンキングの潮流である。GDPR(一般デ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月23日

    近未来に確実に進むであろう世の中のお金にまつわるサービスの姿や、その背景にある、ものごとの考え方などが、見た目にも綺麗に整理され、紹介されている本てした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています