世界を変えた地図グーグルマップ誕生の軌跡 NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生

世界を変えた地図グーグルマップ誕生の軌跡 NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生

作者名 :
通常価格 1,699円 (1,545円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

著者は、グーグルマップの生みの親ジョン・ハンケの学生時代からの友人でいまも同僚のビル・キルデイ。ジョン・ハンケとの出会いからキーホール社の立ち上げ、グーグルによる企業買収、そしてグーグルマップが世界的な成功を得るまでの軌跡を描く。グーグルマップを支える技術の話はもちろんのこと、内部の人だからこそわかるジョン・ハンケやグーグルの雰囲気が、著者とジョン・ハンケ、個性豊かなメンバーとのやりとりなどを通じて伝わってくる。また、グーグル創業者であるラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリンとのやりとりや、マリッサ・メイヤーとの確執、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツの話など、多くのエピソードが挟み込まれていて臨場感も満載。山あり谷ありで飽きさせない物語になっている。巻末のエピローグの舞台は東京。現在、ポケモンGOで有名なナイアンティックを率いるジョン・ハンケとビル・キルデイの新たな物語がまた始まる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
TAC出版
掲載誌・レーベル
T's BUSINESS DESIGN
ページ数
464ページ
電子版発売日
2018年11月16日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

世界を変えた地図グーグルマップ誕生の軌跡 NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    Google MAP、そしてGoogle EARTHの誕生、そしてナイアンテックの起業までの話。IT起業におけるビジョナリーはこういう人なんだろうな、というのがよく分かりました。
    Googleはインターネット、そして物理世界を検索可能にし、それは社会に大きなインパクトを与えます。この振幅の大きさを感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    Google Map創造の物語。彼らのGoogle Earthを最初に見たときは、まるで魔法を使っているようでとても驚いた。Google Mapは、AJAXという技術を使っているということだったが、それまでのWeb体験を一変するものであった。技術がブレークスルーを起こしている瞬間を見た体験だった。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月31日

    この手の本を読んで、いつも感じるものある。
    とにかくブラッキー。

    スタートアップだろうが世の中を変えるようなミッションだろうが、その逆の99%の惰性社会であろうが。

    基本はブラックなことが問題なんじゃなく。
    激しくぶつかり合いながら、時に傷付け合いながら。
    ギリギリのヒリヒリするモノと立ち合いな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月09日

    1999年。キーホールのジョン・ハンケは、新しいソフトのデモ版をテキサスのビル・キルディの家に持ってきて、デモンストレーションをした。画面には青い地球が映っていた。そして、家の住所を入れるとなんと地球からズームダウンして地表が見え、ついにこの家が画面に映っている!これが後にグーグルマップとなる製品の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    グーグルアース、グーグルマップ、Ingress、ポケモンGOを作った、元キーホール、現Nianticのジョン・ハンケ率いる技術チームの話。もっと開発のワクワク話とかがたくさんあるのかと思ったら、Google内での政治抗争話が結構多く、巨大資本の会社の中で外様は大変ということを思い知らされた。ハンケさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月29日

    エキサイティングな起業家のサクセスストーリー。マーク・ザッカーバーグを扱った映画の原作『フェイスブック』に似た読後感。
    主人公はジョン・ハンケ(Googleマップ&Googleアースの前身となる製品を産み出したキーホールのファウンダーであり、Googleに買収された後もGoogleマップチー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    スマホのキラーアプリであり、多くのアプリのテクノロジーを支えるグーグルマップ誕生の物語。ムーンショットから火星を目指すストーリーは痛快。彼らのイノベーションに最大の賛辞を贈りたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    Googleマップが出来るまでのスタートアップ時代からの苦労、Googleに買収されてからのGoogleマップ、Googleアース、ナビ機能、そして新しいスタートアップ(それがポケモンGOに繋がっている)。

    ジョンの学生時代からの友人であり、ともに歩んできた著書によるGoogleマップの誕生ストー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月27日

    ちょうどGoogle マップの劣化問題が話題になっていたこともありタイムリーな内容で非常に面白かったです。本の中でもGoogleは自社データに切り替えていくことが書かれており、日本でのリニューアルについても必然の流れだったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月19日

    要点
    1
    キーホールは資金繰りに苦しんだものの、CNNの放送でアースビュアーが使われたのをきっかけに業績を伸ばしていく。
    要点
    2
    グーグルはキーホールの技術を「グーグルのコアになるかもしれないもの」と考えており、すぐに買収を決断した。
    要点
    3
    キーホールを含めたグーグル内の3つのチームが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています