凜(りん)の弦音(つるね)

凜(りん)の弦音(つるね)

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

篠崎凜――翠星学園高校1年生。中学から弓道を始め、現在弓道二段。ひたすら弓道を打ち込む少女。そんな凜が師匠、棚橋先生の家で、ありえない矢で男が殺された事件に巻き込まれて解決した。『弓道名人は名探偵』と校内新聞で取り上げられ、凜の動画はいつの間にかネットで『天才弓道美少女』と評判になるが……。友達に悩み、自分に悩み、弓道に悩む青春真っ只中――。ひとりの少女の成長を活き活きと描く傑作長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2018年10月26日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

凜(りん)の弦音(つるね) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月22日

    2019.05.22
    いつも初めての著書の時の評価は最高になるなあ。先生の「良い弦音ね」はジンと来た!あの一言で優れていると認めたもの。電車の中で涙が出たわ。^_^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    弓道部の女子学生って合気道部のとはどこかが違ってたんだよな。
    そんなことを昔に思っていたことを思い出しました。あの頃は良かったなー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    弓道ほとんど知らないけど、やっぱり「道」なんですね。その作法?所作?、興味深かったです。

    主人公が視野を広げつつ成長していく様が素敵で、ほんの一振りって具合のミステリー要素も効いていて読後感の良いお話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月04日

    我孫子さんの作品はかまいたちの夜から入ってほとんど読んでいるつもりです。
    最近の作品は正直設定は面白いけど消化不良みたいなのが多かったのですが、この作品は久しぶりの快作だと思います。
    女子高生の視点で描かれているので軽妙ながらもミステリーの部分では引き込まれます。
    弓道の面でもスポーツと武道の違い、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    弓道部だった頃を思い出した。高校の頃は不真面目に、大学の頃は真面目に引いていたけど、あの頃に読みたかった本。また弓引きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月11日

    【収録作品】甲矢と乙矢/弓の道、矢の道/弓と弓巻き/打ち起こし/射詰/射即人生/弦音 
     何かに真摯に取り組める時間をもてる人は幸せだと思わせてくれる。素直な主人公の成長ぶりが気持ちよく、周囲の大人もちゃんとしていて、読後感が爽やか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月02日

    弓道場での殺人事件を関係者にしかわからない知識でずばっと解決したことから名探偵扱いされる主人公。さすがに刑事事件が続くわけもないが、日常の謎をどんどん解いていくのは気持ち良かった。弓道の所作とか試合展開とか初めて知ることが多く、部活ものとしても面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月10日

    中校一貫の私学で中学から弓道を始めている主人公にシンパシーを感じて読み始めました。

    しかし、中高の6年間でやめてしまった自分とは違って、人生を通して弓道と向き合って行こうとする主人公の素朴かつ真摯な姿勢が眩しく、何とも言えない読後感。共感と疎外感の波状攻撃でした。

    弓道小説として楽しもと思うと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月23日

    弓道物でミステリとは珍しいなと思い読んでみましたが、そこまでミステリではなかったです。
    高校時代弓道をしていたので色々と懐かしい気持ちになりました。作中に出てくる弓具屋さんはきっとあそこだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月06日

    タイトルが好きですね。
    最初の殺人事件は要らない気がします。
    弓道の話だけで自分は充分だと思うけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています