漂流児童――福祉施設の最前線をゆく

漂流児童――福祉施設の最前線をゆく

作者名 :
通常価格 1,405円 (1,278円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ノンフィクション界の“革命児”が挑む児童福祉の現場の光りと影! !

女子少年院、児童養護施設、赤ちゃんポスト、子供ホスピス、発達障害専門塾……。虐待死事件や貧困など、児童を取り巻く社会の歪みが露呈する現代。
ドラッグや援助交際に手を出してしまった少女、望まない妊娠により養子に出された赤ちゃん、医療少年院で絶望と格闘する職員、子供ホスピスで我が子の死を目の前に希望を見いだす親とスタッフ。報道では知りえない、児童福祉の現場で起きているリアルな現状と声――。
『レンタル・チャイルド』『物乞う仏陀』など、世界の恵まれない子供たちを独自の視点で取材をしてきた石井氏が、満を持して日本の児童福祉の現場に迫る!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
潮出版社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2018年10月19日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

漂流児童――福祉施設の最前線をゆく のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月09日

    児童福祉施設の現状がよく分かります
    難しい問題を抱える子供達への対応に
    いっぱいいっぱいになりながらも
    精いっぱい支えつづける 福祉関係者の方々の
    努力に頭が下がります・・・
    平穏で愛情のある家庭が
    一番いいんだけど
    それが望めない時は
    社会でちゃんと支えていかなきゃね

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    子供達の為の福祉

    ぶんちゃ 2019年01月12日

    なぜ子供たちが問題を抱えるか?
    なぜ子供たちが自殺してしまうのか?
    なぜ
    子供を捨てたり、虐待したり、殺したりする親がいるのか?

    その答えは私が自身の経験から、又多くの人たちとの触れ合いから知っていた。
    だからこそ、検証の意味もあって、この本を読んでみた。
    しかし、様々な児童福祉の最前線で頑張って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    少子化の時代、生を受けた子供には充実した人生を歩んで欲しい。
    たとえ何かが足りなくても、失敗を繰り返しても、親が育てられる状況になくても。
    本書はそんな子供たちを支援する団体・個人への取材報告。
    「望まない出産に特別養子縁組をあっせんする~Babyポケット」「うまく育てられない母への生活支援施設~野...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    ★★★
    今月11冊目
    親からの虐待などでどうしよもなくて施設とか考えられない環境で育った子供はどうなるのか。
    世の中見ると触れ合わない人達はとんでもない環境にいると痛感

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月30日

    重たかった。。
    子供達が被害に遭っている、ということだけではなくて、
    モト子供達も被害者であって、それが故に、もしくはそうであっても、ということも言えるか、加害者に転じてしまうというケースが少なくないので。。
    業の連鎖的なものを感じもする。。
    う〜ん・・・・、という思いが残る。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています