才能の正体

才能の正体

作者名 :
通常価格 1,539円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ビリギャル」が偏差値40アップ&難関大学合格できたのは、もともと才能があったから? ――「地アタマ信仰」をただちにヤメよう!

「自分には才能がない」は、努力をしない人の言い訳です。
すべての人に“才能の芽"はあります。その“芽”を、どうすれば見つけ、花開かせることができるか?
やるべきは、今ある状況の「認知」、目的へ向かうための「動機づけ」、そして「正しい努力」です。
自分自身も、子どもも変わります!
部下が変わり、組織がみるみるエネルギーに満ちてきます!
「ダメな人」の能力をみるみる開花させ、成功に導いてきた著者が教える。
どんな人でも“自分の才能で輝ける”ようになるための、驚異のメソッド。

*******
・才能を数値化できるとみんなが思っている「IQ」は、才能とは関係ない。
・「地アタマ」という考え方をやめないと、能力は伸びない。
・「やればできる」というのは、嘘。
・できない理由を他人のせいにした瞬間、あなたは自分の才能の芽を枯らしている。
・できる人の行動を「完コピ」すると、たちまち伸びる。
・伸び悩んだときほど、「基礎の基礎」にもどる。
・「指導しようとする」と、人は伸びない。ただ、見守ればいい。
・親、教師、上司の言うことを聞いても、あなたの未来はない。
・「0点のテスト」にこそ、価値がある。
・「ほかの会社で認められなかった人」が、本当に落ちこぼれなのか?
・頭にあることを、言葉にして、笑顔で言うようにすると、能力発揮できる。
・信頼関係のあるところで、人は能力を発揮できる。
・人を育てないなら、主観を廃し、「客観的事実だけ]を、フィードバックする。
・居心地のいい仲良し組織は、弱い!
・成功者ほど、人間関係・信頼関係に繊細だ。
・部下が感謝されやすい環境にあると、自分が仕事しやすくなる。
・自分の才能を開花させたいなら、「一流の人」に会う努力を。
・ビジネスや学問にはルールがない。だからあなた次第で必ず成功できる!

――あなたは「才能がある人」になりますか? 「才能のない人」のままでいますか?

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2018年10月16日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月01日

ビリギャル書いてた方とは知らずに。
タイトルで手に取りました、著者の方の思惑通りですね。笑

ちょうど仕事や、自分の考え方に迷いがあったので、前向きにわかりやすい言葉で書いてくれており、読みやすかったです。
結果に目を奪われがちで、結果次第で「才能があった」となりがちなのは、確かに納得でした。
具体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月23日

ビリギャルの著者が書いた本。

昔から「人が育たない」理由は「教える側の能力不足」
であると思っており、それが出来ない組織は淘汰される
だけであると思っていたが、じゃあどうすれば??
に対しては、ぼんやりとした考えしかなく、
上手く言葉で表現出来ずにいましたが、
本書を読んでそれがスッと腹落ちしまし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月03日

これ読んでジョブチェンジに前向きになれた勇気をくれた本ですね。

人のスキルパラメーターは、
スキルごとに
能力がある→才能がある=結果を出す→天才
というか軸があり、
五角形とか六角形とかのゲームパラメーター見たくなってるイメージ。

結果を出せないから才能がないではなく、結果を出すまでやるから才...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月09日

ビリギャルの著者として知られる坪田氏が、自身の経験や実証結果を元に、「才能」とは先天的なものではなく「正しい努力の結果」であることを教えてくれる一冊。説得力は十分だと思えたし、あらゆる人の可能性を前向きに考えられるようになった。これはとても大きな収穫!教育という観点だけにとどまらず、組織運営術、コミ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月10日

ビリギャルの指導者として有名な坪田信貴氏による子供や社員の指導に関する本。私の場合、自分の子供の勉強を教える機会が増えるにつれて親子喧嘩が増えました。「親子なら仕方ない」と諦めつつ、「こんな事で、却って子供の成長を邪魔しているのではないか。もう少し何とかならないか」と日頃思っていたところ、本書を見つ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています