日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

先輩を失った元スチュワーデスが当時の警察・自衛隊・政府関係者、医師、遺族、目撃者らに取材を重ねた先に見えた新事実。墜落の真相解明に拘り続ける理由と事実を見つめる勇気を伝える。

日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
この事故は「事件」だったのか!?

1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。

「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション!

当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者は、この「事故」に今なお疑問を抱き、数々の目撃者の証言をもとに真相に迫っていく。
前著からさらに探査の精度が深まり、頁をめくるごとに次々と新事実が明らかになっていく迫真の展開力で一気読み必至!

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2018年10月05日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    日航123便は何故墜落しなければならなかったのか?今、ここに提起される驚愕の真実とは・・・?事故か?事件か?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月19日

    日航123便墜落の新事実 青山秀子 河出書房新社

    青山さんはその後東大に人学して博士になる
    出版物としては
    日航123便 あの日の記憶 天空の星たちへ
    日航123便 墜落の新事実 
    日航123便 疑惑の始まり
    日航123便 遺物は真相を語る
    その他記事多数
    青山さんの人生をここまでのめり込ませた
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月12日

    日航機行方不明の第一報をいつどこで聞いたか今でもはっきり覚えている。
    当時、群馬出身の知人が友人(警察官)から聞いた事故現場の話だとか、その後の報道やこの事故をもとにした小説やドラマから感じた底しれぬ恐怖や不安感。
    あの時、テレビは本当のことを伝えていたんだろうか?
    「何かの事情で」飛行ルートを外れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月27日

    死者540名という史上最悪の航空機事故。あれから30数年が経過しても未だに事故原因について多くの疑問が残されている。著者はこの事故で亡くなったCA達の後輩にあたるJALの元CA。釈然としない事故原因に人生をかけて当時の様々な事柄を調べ上げている。真実の事故原因は凄まじいです。事故原因について、この様...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月13日

    ここまで調べ挙げた著者の方に感服です。よくこの本、出版できたなあというのが正直な感想です。当時は「大惨事」くらいにしか思っていませんでしたが、裏に隠された事実は「ある」のだと思います。
    33年もたつと何もかもが曖昧になりそうですが、真実がしりたいものです。情報が風化しないことを祈るばかりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月06日

     著者は東京大学大学院を卒業、現在は大学や専門学校で教鞭をとっているが、日航123便が御巣鷹山に墜落した当時は、日本航空客室乗務員、当時の呼称でスチュワーデスだった。この事件では(「事故」と呼ぶのはためらわれる)機長をはじめ、勤務中だった乗務員は全員亡くなったが、彼ら、彼女らは、著者のよく知る先輩で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月03日

    文字の記録がたくさん存在していることに驚いた。
    著者の前書を読んだ当時の山下運輸相が連絡してきたという事実も重い。

    墜落の真因が明らかになることがあるとすれば、米国の公文書が公開された場合? それまでは飛行中の状況は推測するしかないけれど、墜落してから一晩墜落地点を隠蔽したことは、間違いがない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    元日航のCAである青山女史が、同僚や事故遺族の鎮魂の思いを込めた入魂作。

    取材を通じて明らかになった、墜落事故の新事実を丹念に積み重ねて、事故の真相に迫る。

    この本は、マスメディアで全く話題にならなかった。そのことが逆に信ぴょう性高めている気がする。

    本事件当事者は、真摯に人命の尊さを受け止め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    発見が遅れた謎。
    米軍が先に現地にいた謎。
    炭化死体の謎。
    もっと早く助けられたのではないかという疑念。
    墜落原因の真否は、ともかく疑念が多く残るのは確か。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月20日

    日本航空123便の事故が起きてからかなり時間が経過してしまいましたが、忘れもしない大学2年の夏休みに、与論島(鹿児島県の南)の飲み屋さんで酔っ払って、帰る途中の車の中のラジオで聞きました。

    生まれて初めてくらいの泥酔の状態で、他のことは何も覚えていないにも拘わらず、衝撃的な内容のニュースと、そのと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」に関連する特集・キャンペーン