その話は今日はやめておきましょう(毎日新聞出版)

その話は今日はやめておきましょう(毎日新聞出版)

作者名 :
通常価格 1,399円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一人の青年の出現で揺らぎはじめる夫婦の日常――。「老いゆく者」の心境に迫る、著者の新境地! 趣味のクロスバイクを楽しみながら、定年後の穏やかな日々を過ごす昌平とゆり子。ある日、昌平が交通事故で骨折し、「家事手伝い」の青年・一樹が通うようになる。息子のように頼もしく思っていたが、ゆり子は、家の中の異変に気づく……。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
毎日新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年09月21日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月08日

ロードバイクでのサイクリングが趣味の定年後夫婦ゆり子と昌平。
昌平が事故で足首を骨折したことをきっかけに、以前知り合っていた青年一樹を家政夫として雇うことにした。

ザワザワと嫌な気持ちになるお話。
それでも先が気になりやめられませんでした。

ゆり子と昌平夫妻がお人好しとも言い切れず、近所との付き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月03日

一樹はだらしないだけで、必ずしも悪い人間ではなかったということがより恐ろしさを感じた。
悪い人間ではなくとも、悪事は行われる。
大楠夫妻の老いたことによるべなさと若者をそばに置いておきたいという気持ちは目が開かれた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月21日

ゆり子と昌平の夫婦は、ハプニングはありつつも、あらまほしき老年期の姿と映る。一樹を描く視線も暖かい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月20日

一樹にしろ 老夫婦にしろ
相手を心の底から嫌いになれなかったから
老人をないがしろにしたり
若いから悪いやつだと決めつけずに
やっぱり嫌いになれない
という感覚は信じれたから
毅然とした終わり方が出来たんだと思いました

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月31日

2018.8.11.
老夫婦の家に入り込む青年の内に秘めた暴力的衝動。
立ち向かわなければならない…後半はドキドキしながら読んだ。思っていたより、内容に入り込めよかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています