国宝(上) 青春篇

国宝(上) 青春篇

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

俺たちは踊れる。だからもっと美しい世界に立たせてくれ!

極道と梨園。
生い立ちも才能も違う若き二人の役者が、
芸の道に青春を捧げていく。

作家生活20周年記念作品として放つ渾身の大作。

(あらすじ)
1964年1月1日 長崎は料亭「花丸」
侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、
この国の宝となる役者は生まれた。
男の名は、立花喜久雄

極道の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌は人々を巻き込み、
喜久雄の人生を思わぬ域にまで連れ出していく。

舞台は長崎から大阪、そして、オリンピック後の東京へ。
日本の成長と歩を合わせるように、技をみがき、道を究めようともがく男たち。

血族との深い絆と軋み、スキャンダルと栄光、幾重もの信頼と裏切り。
舞台、映画、テレビと芸能界の転換期を駆け抜け、数多の歓喜と絶望を享受しながら、
その頂点に登りつめた先に、何が見えるのか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
朝日新聞出版
ページ数
360ページ
電子版発売日
2018年09月14日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

国宝(上) 青春篇 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月24日

    本作は吉田修一先生の作家生活20周年を記念し、刊行された作品とのことで、初めて本著者の作品を読んでみた。上巻の感想であるが読み応えがあった。

    文体が「~でございます。」「~なものでした。」で、少し慣れない丁寧な口語で描写されているため、NHKの朝ドラを思い浮かべながら読み進める。
    長崎の任侠ものか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    凄い作品を
    読んでしまったーと。

    久しぶりに
    登場人物と一緒に
    時代を生き抜いた気がしたし

    久しぶりに
    上下巻一気読みをしてしまったし

    久しぶりに
    心地良い疲労感に包まれました。

    ページを繰る手が
    止まりませんでした。

    何年かに一度
    こんな作品に巡り会えるなら
    これ以上の幸せはありません。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月09日

    うわ~めちゃくちゃおもしろかった!!
    読み始めた途端、一気に小説の世界に引きずり込まれてしまった!
    すごい作品!

    「俺たちは踊れる。だからもっと美しい世界に立たせてくれ!」
    長崎のヤクザの親分の息子として生まれた立花喜久雄
    父親の死、退学、そして縁のあった大阪の人気歌舞伎役者・花井半次郎の元へ
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    独特の語り口がぽんぽんと小気味よく、歌舞伎のことを何も知らない私でも、テンポよくすらすら読めました。
    裏切りあり、いじめあり、波乱万丈。
    毎日、血のにじむような稽古をして、芸事の世界は、儲かるときは、一瞬で、落ちれば、借金の海。
    とても、並みの神経ではやっていけない、浮き沈みの激しい世界だと思いまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    長崎の極道のひとり息子・立花喜久雄。
    歌舞伎舞踊の名作を演じた新年会で、敵対する組の急襲を受け父は命を落とす。

    喜久雄は大阪へ。
    歌舞伎の世界へ身を投じる。

    師匠の花井半次郎の厳しき指導を、同じ年の息子俊介とともに受けきっていく。

    歌舞伎が好きで好きでたまらなかったから、つらくはなかった。むし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    もともと吉田修一に心酔、
    溺れていたけど、なおかつその位置を不動のものにした。
    前に、上下と一気読みして
    今更レビューはかけない。

    上巻と、下巻の趣が違った気がする。
    やはり吉田修一おそるべし

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月18日

    切ない場面の多さに苦しく、泣くシーンが多くなる。演じる場面や展開にまた先を急いで読んでしまい、何度も読み返し、、をしつつ、最後は複雑。でもこれを書きながら、やっぱり納得するというか、、
    とにかく一読して欲しい大切な作品。
    読んでよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    少し語り口がいつもと違うので最初違和感があったが、読み進めていくといつもの吉田さん。むしろいつもより乗ってきている吉田さん。おもしろいし、丁寧。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月14日

    喜久雄にとって、歌舞伎はまさに生きる糧、生きる意味だったんだろうな。それがなければ生きられない、生きる意味なんてないってこと。

    長崎のヤクザの子が、歌舞伎と出会って、色んな人と出会って、芸を極めて、いいことも悪いこともあって。

    芸事にしか生きられない男たちを支えるまわりの女の逞しいこと強いこと。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    任侠の世界に生まれ、父が殺され、
    縁ある歌舞伎役者の半次郎に預けられた 立花喜久雄
    歌舞伎の世界にのめりこんでいく。

    そこで出会った半次郎の息子俊介と喜久雄
    看板役者の跡取りという俊介と 部屋子あがりの喜久雄の
    それぞれの葛藤も。半次郎の気持ちも切ない。

    二人の才能が今後どうなるのか、気になりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

国宝 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 国宝(上) 青春篇
    1,320円(税込)
    俺たちは踊れる。だからもっと美しい世界に立たせてくれ! 極道と梨園。 生い立ちも才能も違う若き二人の役者が、 芸の道に青春を捧げていく。 作家生活20周年記念作品として放つ渾身の大作。 (あらすじ) 1964年1月1日 長崎は料亭「花丸」 侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、 この国の宝となる役者は生まれた。 男の名は、立花喜久雄 極道の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌は人々...
  • 国宝(下) 花道篇
    1,320円(税込)
    鳴りやまぬ拍手と眩しいほどの光、人生の境地がここにある。 芝居だけに生きてきた男たち。 その命を賭してなお、 見果てぬ夢を追い求めていく。 今年最高の感動を届ける役者一門の大河小説 (あらすじ) 1964年1月1日 長崎は料亭「花丸」 侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、 この国の宝となる役者は生まれた。 男の名は、立花喜久雄 極道の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌は人々を巻...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています