破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

作者名 :
通常価格 1,641円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

僕は、「絶対に倒産する」と言われたオンデーズの社長になった。
企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメントビジネス小説。

2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治は、ひとつの賭けに打って出る。それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン「オンデーズ」の買収――。新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃える田中だったが、社長就任からわずか3カ月目にして「死刑宣告」を突き付けられる。しかしこれは、この先降りかかる試練の序章にすぎなかった……。
企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメント小説。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2018年09月04日
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

倒産寸前のメガネ会社を買収して、会社再建を行う経営者の話。と聞いて私が最初に思い描くのは、凄腕の社長が経験と人脈をフル活用してあっという間に黒字化させるドラマ的な展開。

でも実際は違いました。

社長になったものの起死回生をかけた新店舗出店で失敗、私財を投げうってまで実施したM&Aも失敗し、債務超過で倒産の危機を首の皮一枚で何度も乗り切っている状態。
なのに、全力で会社再建に立ち向かっているのに、社内から聞こえてくるのは自身への批判の声。

新しいことを始めるとき、批判するのは簡単だけど、批判の中で挑戦し続けていく社長の姿に頭が下がります。1回目は頑張れても、2回3回と失敗が続いたら、私だったら確実に気持ちが折れてしまう。それでも成功はチャレンジと失敗の先にしかないのだということを、自身の背中で語ってくれる田中社長の姿が最高にかっこよくて、こんな人になれたら最高だなと思いながら読みました。

ノンフィクションではなくフィクションとのことなので、どこまで脚色されているのかはわからないですが、仕事を続けていくうえで勇気をもらえる1冊だと思います。

Posted by ブクログ 2019年01月16日

どんな困難が立ちはだかっても、圧倒的な熱意によって周囲を動かし、不可能を可能にしていく、、、
リーダーの在り方を学んだ気がした。
銀行員の自分にとっては身近なシーンもあり、戒めにもなるストーリーであった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月12日

漫画のように読めた。

ダメになりかけて、また救われてという本当に破天荒なオンデーズの社長の話。

ピンチの時でもこういう思考が働く人が駆けあがれるんだなと少し真似できないなと思って読んでいたが、勉強にはなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月05日

全てのビジネスパーソン、特に経営層、またはこれから経営に携わりたい方々に是非読んでいただきたい。
リスクがないことが、逆にリスクということがわかる。
社会を取り巻く環境が激変する中、意思決定のスピード、またそれを実行していく人、仲間がいかに重要なのかということを改めて認識させられる。
良書☆

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月31日

メガネチェーン「オンデーズ」の実話をベースにした小説風の読み物です。著者はオンデーズの田中社長。
多額の負債を抱えた負け組チェーンを、既存大手(JINSやZoffなど)とは異なる戦略(当初は一緒だった)で成長させ、海外での展開も加速するチェーンに育てた軌跡を知ることができます。実際にタイでもよくオン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月31日

最高に面白く、感動した本。フィクションとしてあるが、どこまでが実話なのだろうか?
とにかく、会社経営上ピンチの連続で、普通の感覚ならとっくに投げ出す(というか、そもそも関わらない)状況を、ギリギリで切り抜けて、と思ったらまたそれ以上のピンチに局面して・・
ほんと、実話なら、凄い。
普通の人には凄すぎ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています