任侠浴場

任侠浴場

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京のとある町に事務所を構えるヤクザの親分・阿岐本雄蔵は、困った人をほっとけない上、文化事業好きな性格が困りもの。そのせいで組員たちは、これまで出版社、高校、病院などの経営再建に携わる羽目になってきた。今度の舞台は赤坂の路地裏にある古びた銭湯!世の中どんどん世知辛くなって、ヤクザ稼業も楽じゃないが、阿岐本、代貸・日村はじめ個性的な面々は、銭湯にお客を取り戻すことができるのか!?

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
単行本
ページ数
360ページ
電子版発売日
2018年08月31日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

任侠浴場 のユーザーレビュー

    購入済み

    期待を裏切らない

    tab 2018年09月07日

    今野敏にハズレなし

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    今時こんなヤクザさんいないでしょう!って思いながら楽しく読みました。『古き良き日本』の心を思い出させてくれます。今日は久しぶりに湯船に浸かってのんびりしようと思います(^ω^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月01日

    任侠シリーズ第四弾!お決まりのパターンで今回は銭湯を立て直す。
    昭和の香りがする人情を第一と考える任侠の世界だが、妙にほっこりする。こんな世界もあるものか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月20日

    「任侠」シリーズ、4作目。

    これまで出版社、私立学校、病院と次々に再建してきた下町任侠ヤクザ・阿岐本組ですが、今回の舞台は今や昭和の遺物になっている銭湯。

    毎度、日村を困らせる親分さんだけれど、親分さんが打ち出す再建策や心意気が妙に心にズバズバと突き刺さる。たかが理想論で終わらせればそれまでなん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    このシリーズは外さない。小さな事ばかりだけど、毎回大切なメッセージを残してくれ、ほっこり、ウルっとさせてくれる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    4.3
    このシリーズ、相変わらず面白かった。
    大したひねりもありませんが、痛快ですね笑
    気楽に楽しむには良い本でした。
    残りは任侠学校です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月15日

    テンポよく進んでいくので楽しくさらっと読めた。
    任侠シリーズの第4弾。

    シリーズものとは知らずに、前作を読まずに読み進めてしまったが、違和感なく読めた。
    人情味溢れる親分の行動と、それに振り回される代貸が面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月27日

    シリーズ4作目だそうだ。
    気になって手にした本ですが、途中作から読んでも楽しめました。
    登場人物が出てきたところで、簡潔な描写があるので、読者に優しい作りになっています。

    こんなヤクザでやっていけるのかしらと心配になるくらいです。
    ここで描かれているような銭湯に行きたくなるますが、近所には、もうな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月24日

    シリーズ4作目。今回は銭湯の立て直し。阿岐本のオヤジが今回もいい味出してる〜。昔ながらの銭湯に行きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月26日

    短く言うと、ヤクザが銭湯を立て直す話。

    このシリーズで、学校や病院もあるが、理にかなっていて、温かい気持ちになる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています