ナナメの夕暮れ

ナナメの夕暮れ

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

オードリー若林、待望の新エッセイ集!
『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。
雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編!

ゴルフに興じるおっさんなどクソだと決めつけていた。
恥ずかしくてスタバで「グランデ」が頼めない。
そんな自意識に振り回されて「生きてて全然楽しめない地獄」にいた若林だが、四十を手前にして変化が訪れる――。

ゴルフが楽しくなり、気の合う異性と出会い、あまり悩まなくなる。
だがそれは、モチベーションの低下にもつながっていて……

「おじさん」になった若林が、自分と、社会と向き合い、辿り着いた先は。

キューバへの旅行エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』では第三回斎藤茂太賞を受賞。
「生き辛い」と感じている全ての人に送ります。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年08月30日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

生き辛いと感じているあなたへの参考書。
本書は自他共に認める本好きである、オードリー若林の自分探しエッセイ3作目(電子としては初)。テレビではMCとしても活躍の場を広げる一方、時に斜に構えた態度が気になり、ラジオではテレビでは見せないキレ芸をする、私にとってどうしても気になる男、若林の著作を初めて読んでみました。
本書には「おじさん」を迎えた若林が、少年時代から抱えているネガティヴな自分や、気にしすぎる性格とどうやって向き合ってきたかが描かれています。特に父親の死去以降に他人や自分を否定するだけでは何も意味がなく、それだけで人生が終わってしまうと気づいてからの行動力には驚かされました。ゴルフを始めたエピソードはあの若林が⁉︎という気持ちになります。
また、相方の春日についてほんのちょっと触れられていますが、若林の相方に対する視線が優しすぎて少しニヤけてしまうこと間違いなしです(笑)
若林のような性格で悩んでいる方はもちろん、文章が綺麗で読みやすいので、普段本を読まない方にもオススメできるエッセイです

ナナメの夕暮れ のユーザーレビュー

    購入済み

    なんども読み返したい

    candy 2018年09月07日

    自分のなかにインストールしたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    気付いてるけど気づかないフリをしている思考性を丁寧に言語化してて、「言葉にしようと思ってこなかったけど、おれもまさにそう」って内容。内向型の人のアルアルを聞かされてる感じで、なんとも言えない共感系の気持ちよさがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    どこか人と違うところを感じている。自信のなさからくる自意識過剰。インスタ映えをださいと思う。自分との共通点が多すぎて改めて若林を好きになる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    すげー分かる

    やなはやなは 2020年04月12日

    タイトルですげー分かるなんて言っていいのかわからないけど、なんか共感できる部分がほとんどだった。
    自分みたいな人も世の中にはけっこーいて、若林さんもその一人?なのかなと勝手ながら思った。
    とりあえず、見てみて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月02日

    多少読みにくいところもあるにはあったけれど、他では読めない話がテンポよく書かれていて、興味深く読むことができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    最近youtubeでおどぜひを知って、オードリーに今更興味を持った。そこからちょくちょくラジオを聴くようになって、若林さんの内向的な人間性に共感出来る部分が沢山あることに気づいた。
     僕は毎日のように悩んで、生きるヒントに飢えているので自分と似た人間の日々や考え方を記したこのエッセイに飛びついた。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    オードリー若林さんの生き方、考え方が詰め込まれている。共感できる面も多くある。

    「ネガティヴは有り余る体力である」

    悩むことができるのは体力があるからというのはとても響いた言葉であった。若林さんのように悩みながらも自分探しをする人生を歩みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    ちょこちょとといろんな人のエッセイを読むけれど、この本ほど40歳のおっさんの気持ちを表しているのはないと思う。若林さんがさらに好きになりました。
    なんとなくモヤッとしていることをしっかりと言葉にする能力には感服します。この本の影響で日記?を書き始めることにしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    普段TVで見る若林の言い回しで書かれているから全体的に読みやすい。昔より今の若林が明るくなった理由が非常によくわかった。普段から何か色んなことを考えている人なんだなと思った。マイナス思考をできるだけ前向きに捉えようとして、ありのままの自分を受け入れようとしているのがよくわかった。自分を受け入れるのっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

     今回、初めて若林さんの本を読んだが、あまりにも共感できることが多くて驚いた。この本を読む前の私は、自分の生き方に自信がなかったが、若林さんの生き様をこの本を通じて感じたことで少し救われた気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています