監禁面接

監禁面接

作者名 :
通常価格 1,800円 (税込)
紙の本 [参考] 2,160円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

『その女アレックス』著者、驚愕と奇想の一気読みサスペンス!

どんづまり人生の一発逆転にかける失業者アラン、57歳。愛する妻と娘たちのため、知力と根性とプライドをかけた大博打に挑む!
鬼才ルメートルのノンストップ再就職サスペンス!

リストラで職を追われたアラン、失業4年目。再就職のエントリーをくりかえすも年齢がネックとなり、今は倉庫でのバイトで糊口をしのいでいた。だが遂に朗報が届いた。一流企業の最終試験に残ったというのだ。だが最終試験の内容は異様なものだった。

〈就職先企業の重役会議を襲撃し、重役たちを監禁、尋問せよ〉

重役たちの危機管理能力と、採用候補者の力量の双方を同時に査定するというのだ。アランは企業人としての経験と、同じく人生どんづまりの仲間たちも総動員し、就職先企業の徹底調査を開始した。そしてその日がやってきた。テロリストを演じる役者たちと他の就職希望者とともに、アランは重役室を襲撃する!

だが、ここまでで物語はまだ3分の1。「そのまえ」「そのとき」「そのあと」の三部構成を操って名手はアランと読者を翻弄する。残酷描写を封印、ルメートルが知的たくらみと皮肉なブラック・ユーモアを満載して送るノンストップ再就職サスペンス!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
464ページ
電子版発売日
2018年08月30日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB

「監禁面接」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月13日

すごい。出だしから引き込まれ、中盤からは先が知りたくて止まらなくなった。人物像がありありと浮かんでくる描写はさすが。ヒントは書いてあるのに、何がおこなわれていたのか気づかせない展開。なすがままに楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月05日

ルメートルの小説といえばカミーユ警部シリーズをはじめとした猟奇殺人がつきものと思ったが、本作は猟奇殺人は無し。失業中の中年男性が再就職のために奮戦するのだが、そこはルメートルの小説なので一筋縄ではいかない。大どんでん返しがあるが、読後、一筋の寂しさと侘しさを感じるがそこがまたいい味を出している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月24日

『その女、アレックス』を読んで衝撃だったので読んでみた。
ノンストップ再就職サスペンス!って、何だよと思いつつ読み進むと、もうドキドキしっぱなしでまさに「サスペンス」。
4年間の失業を経た主人公のおっさんに共感するところもあれば、共感できないところもあるのは著者の計算なのだろう。常にリスクのある方へ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月11日

リストラ後、再就職先が見つからない50代後半のアラン。ついにはバイト先もクビになってしまう。そんな彼のもとに届いたのは、某大手企業の書類選考に通ったという知らせ。しかも筆記試験・面接に受かれば人事副部長の座が約束されている。期待に胸を膨らませるアランだが、聞かされた面接内容に耳を疑う。「銃を持った武...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月04日

ピエール・ルメートルの新作です。
表紙裏のあらすじに、残酷描写はないと書いてあったので今回は安心して読めました。

主人公は57歳の失業者のアラン。
物語は「第一部 そのまえ」「第二部 そのとき」「第三部 そのあと」に分かれています。
「そのまえ」は少し退屈でしたが、すべてが「そのとき」「そのあと」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,872

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!