ホモ・デウス 上 テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上 テクノロジーとサピエンスの未来

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。35カ国以上で400万部突破の世界的ベストセラー!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
河出書房新社
シリーズ
ホモ・デウスシリーズ
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年09月06日
紙の本の発売
2018年09月
サイズ(目安)
31MB

ホモ・デウス 上 テクノロジーとサピエンスの未来 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月18日

    動物を家畜化し、自然を徐々にコントロール。更には自らの身体も意のままに修復ができるようになれば、既に人間はこの世界の神としての立ち位置を得ながら、それを一層強化していく事になる。自らが作り出した幻想である神に近づいていく。

    俗物としての欲求。食べる事、権力、セックス。本能的な部分は動物と大きく変わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月02日

    人類はかつてない高度な文明を作り上げた。さらに近年は大きな戦争もなく、技術の発展により病気や飢餓も劇的に減少している。環境保全は大きな課題だが、自分たちさえ良ければ、という考えは誤りで、全ての人が豊かに繁栄することが共通の価値観として受け入れられている。

    しかし、全ての人が平等に尊いというのは、比...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月11日

    難しい。でも凄く沢山の事が学べた気がする。飢饉と戦争と疫病に打ち勝ち、人類が神になりつつある事が書いてある。幸せは数値化出来ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月06日

    飢餓と疾病と暴力による死を克服した人類が、次に克服しようとするものは死と幸福、そしてそれらの克服を含んだ神性の獲得である、という話から始まる。
    次に「未来の可能性を広げるには歴史を学ぶこと」という流れで、人間とは?心・意識とは?という話や、過去から現在までの人類の話が始まる。
    後半はサピエンス全史と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月10日

    知識というのは過去の聖典や伝承に全て含まれていると考えられていた、勉強とは過去を学ぶモノ
    →「無知」を発見したことで学びのベクトルが未来へ向けられた
    →世界は成長するモノという価値観

    ・宗教…地上にはない楽園へ行く
    ・資本主義…地上に楽園を作る、信用取引が生まれてから発達、経済成長しなければならな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月04日

    この本は常に根本的な問題に多くの答え与えてくれている。
    例えばこんな問いが出てきた、なぜ革命はめったに起こらないんだろう?、1人の大統領に対して何千万人という国民がみんなで向かっていけば簡単に政権を打倒することができるのに、なぜみんな1人の男に従ってしまうのだろう?こんな面白い問いが話の流れの中でた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月04日

    ずっと積んでいたのだけど、とても面白かった。サピエンス全史にも同じようなことが書かれてたが、人のすごいところは物語を作り、価値判断の基準とし、大多数の人の協力関係を作るところ。宗教も国家も会社組織も、みんなそう。物語はその倫理判断により実際の社会も変えてしまう。
    科学が発展して、客観的な判断が重視さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月17日

    0 どんな本?
    人類の近未来を学術的に考察した本。キーポイン
    トは「3つの人類の課題を乗り越えた先の課題」。
    コンセプトは人間至上主義の次。

    1 なんで読んだの?
    (1) ベストセラーでレビューも高評価で友人の勧め
    だから。
    (2) 話題の人類学者の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月15日

    まったくもって今さらながら、積読の山を切り崩すべく、読み始めた。前作同様、わかりやすく、示唆に富み、とてもおもしろい。

    冒頭、人類は、飢饉、感染症、戦争という3つの大敵を克服しつつあると指摘する。本書は2015年に上梓されたものであり、2022年の今、世界はコロナウイルスのパンデミックとロシアによ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月06日

    上巻は人類の発展の歴史を見ていく形でした。

    人間は環境によって信じる物語が変わってきたようです。

    狩猟民の頃は、人間は自然の一部であり、全てを大切にする。
    農業革命後は、人間は自然を操作でき、特別な存在で環境は利用するもの。
    科学革命後は、人間は生化学的アルゴリズムであり、データとアルゴリズムが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 に関連する特集・キャンペーン