超時空艦隊(1)海上自衛隊、太平洋戦争へ!!

超時空艦隊(1)海上自衛隊、太平洋戦争へ!!

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

平成13年11月、海上自衛隊・第二護衛隊群は、アメリカ軍のアフガニスタン侵攻の後方支援のためインド洋に進出しようとしていた。濃霧に包まれた深夜の佐世保基地を後にしてまもなく、突然、全艦のコンピュータが稼働しなくなってしまった。夜霧の中、北朝鮮工作船のサイバー・テロかと艦隊は大混乱に陥るが、数時間後、霧は晴れ、コンピュータは稼働した。しかし、コンピュータにより現在位置と時間を確認したところ、なんと第二護衛隊群は、昭和19年6月10日、マリアナ沖海戦直前の太平洋戦争の真っただ中にタイムスリップしていたのであった!?第二護衛隊群は、旧日本軍に協力してなんとか太平洋戦争を勝利に導こうと決意するが、最新兵器を装備しているといえども、その数量には限りがあり、修理も補給もきかないのである。深謀遠慮の智将スプルーアンスが、大群を率いて日本軍に容赦なく襲いかかり、苛烈な戦闘が展開される!!豊富な軍事知識をベースに期待の大型新人が活写する戦記シミュレーションの傑作、ここに登場。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
227ページ
電子版発売日
2018年08月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

超時空艦隊(1)海上自衛隊、太平洋戦争へ!! のユーザーレビュー

レビューがありません。

超時空艦隊 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 超時空艦隊(1)海上自衛隊、太平洋戦争へ!!
    平成13年11月、海上自衛隊・第二護衛隊群は、アメリカ軍のアフガニスタン侵攻の後方支援のためインド洋に進出しようとしていた。濃霧に包まれた深夜の佐世保基地を後にしてまもなく、突然、全艦のコンピュータが稼働しなくなってしまった。夜霧の中、北朝鮮工作船のサイバー・テロかと艦隊は大混乱に陥るが、数時間後、霧は晴れ、コンピュータは稼働した。しかし、コンピュータにより現在位置と時間を確認...
  • 超時空艦隊(2)自衛隊ハプーン、米艦隊を猛攻す
    平成13年11月、アメリカ軍のアフガニスタン侵攻の後方支援のためにインド洋に進出しようとしていた海上自衛隊・第二護衛隊群は、深夜の佐世保基地を出航してまもなく濃霧の中、異常な電波障害が発生し、マリアナ沖海戦直前の昭和19年6月にタイムスリップしてしまった。護衛艦“くらま”に座乗する第二護衛隊群司令・小野田雄治郎海将補は、旧日本軍に協力して太平洋戦争を勝利に導こうと腹を固めるが、最新兵...
  • 超時空艦隊(3)死闘グアム沖海戦
    昭和19年6月、マリアナ沖海戦直前の太平洋戦争のさなかにタイムスリップした海上自衛隊・第二護衛隊群は、敗色濃い日本軍を歴史に逆らい支援しようとした。司令官の小野田海将補は、圧倒的な物量作戦に出てくるアメリカ軍に対し、緻密な作戦と57年後の未来兵器で第二次マリアナ海戦に勝利した。限られた未来兵器と敵将スプルーアンスの智謀に苦慮しながら、活路を見出そうとした小野田海将補は、アスロック...
  • 超時空艦隊(4)猛攻!帝国海軍航空隊
    奇怪な現象に巻きこまれて57年前の太平洋戦争にタイムスリップしてしまった海上自衛隊第二護衛隊群は、マリアナ沖海戦の真っ只中に放り出された。この海戦の敗北こそが後の東京大空襲に、ひいては長崎・広島への原爆投下に直結することを知っている小野田司令官は、日本人にとっての最大の悲劇を阻止するべく、未来兵器を駆使して、圧倒的多数を誇る米軍に果敢な戦いを挑んだ。こうして米機動部隊を無条件...
  • 超時空艦隊(5)激闘!ビアク沖大海空戦
    太平洋戦争のまっただ中にタイムスリップした海上自衛隊第二護衛隊群の戦争介入により、小沢治三郎中将率いる帝国海軍第一機動艦隊は、マリアナ沖海戦に大勝利した。しかし、その過程でニューギニア島北方の要衝、ビアク島を1万名以上の将兵とともに見捨てるという大きな犠牲をはらわざるをえなかった。一方、マッカーサーは、ビアク島に5万の大兵力と大型爆撃機、シャーマン戦車群を投入して小沢艦隊邀撃...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています