ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係

ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

警視庁生活安全総務課ストーカー対策室、通称ストーカー対策室ゼロ係。
日々持ち込まれる事件をプロファイリングしているのは、未決囚として拘置所にいる和製レクタ-博士。
そこには、いつもナオコという得体のしれない女の影がちらついて――!?

自己顕示欲の塊となって、ブログに日々よしなしごとを綴るダメンズ女、
離婚したパートナーの再婚相手の動向チェックに余念がない元妻、
誹謗中傷された恨みを募らせていく反社会性パーソナリティ障害の同僚、
妄想を暴走させてSNSを炎上させるアイドルオタク……
ふとした日常の違和感、感情の掛け違いから、ひとつの妄執に取り憑かれていく男女たち。
詐欺、ストーカー、リベンジポルノ、盗撮、盗聴。「愛」という名のもとにおこなわれる暴力的支配を、
イヤミスの女王、真梨幸子がこれでもかというまで徹底的にあぶり出す、イヤ汁度200%増しの暗黒小説!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2018年07月27日
紙の本の発売
2018年07月
サイズ(目安)
1MB

ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    この作家さんの本は2冊目。
    最初に読んだ本が微妙やって、どーも苦手意識あったが結構面白かった。
    色んな話が交差して軽いどんでん返し系。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月19日

    登場人物が多いこと…
    今回はメモしながら読み進めたから割りと混乱しなかったかも。
    それにしても殺人が起きすぎ!
    それでもそれぞれの話はおもしろかった。

    牛川ミルクの話はかわいそうだったな。
    他はなんだか救いようのないようなのばっかり。
    読み進めるてあの人とあの人はそういう繋がり、接点があったのねっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月06日

    イヤミスさもあるけど、すごく読みやすい。サクサク読めるけど、最初のつきまといエピソードだけ一点二転三転四転…してくからちょっと読みづらさはあったけど。きちんとプロローグからエピローグの伏線もすき。エンタメ感あってよいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月24日

    久々に真梨幸子の毒を摂取したくなったので。
    ストーカーをテーマにした連作短編集。
    付きまとわれていると思ってた方が実は付きまとっていたり、付きまとってると思ってた方が実は付きまとわれていたり…相変わらず人物関係がややこしかったけど、一気読みでした。あっちもこっちもどっちもサイコパス!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月27日

    この物語に出てくる「被害者」も相当な妄想癖の人たち。加害者と被害者は紙一重ってその通り。
    その加害者と被害者が相まって、余計に物語がドロドロしたものになってて、相変わらずの真梨幸子ワールドでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月03日

    ストーカー案件の連作短編集。真梨先生お得意の人と人とが繋がって事件の真相が見えてくるやつ。でも今回はあんまりあっこの人があの時の!の快感はなかったなぁ。ただまあストーカーたちの書き方はいやらしくてこわい。最終的に何も解決はしていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月06日

    他人のことばかり気になるってつまらないだろうなぁ。自分のことが全然できないような気がする。それでもやめられないんだろうけどね〜。そこまで、他人に夢中になれるってある意味すごい。その情熱をどうにかほかへ向けるといいことあるかもよ!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月15日

    読み終わると鳥肌立ちます・・・

    ストーカー≒ツキマトウ
    人間は誰しもストーカーの気質は持っている。ただある一線は越えないように倫理が働く。でも、制御できないものは太古の昔から存在したし、ストーカーという言葉、定義がなかっただけ。。。

    一周回って返ってくる・・・あなたの隣の人は、実は誰かのストーカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    点数付けるとしたら…期待高まった後の後半減速より4点ぐらいなんだけど、前半の「やっぱり真梨さんだよねー」の期待値とわくわく感がハンパなく、5点なのかしら。
    ストーカー事件で繋がる短編集。やけに深読みしまくったので「ミュール」がややこしくて二度読みしてしまった。前の前の妻、というのが未だ謎。「先生」の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    1つ1つの話が徐々につながっていくいつもの感じだった。話が短いので読みやすい。が、今回は展開がなんとなく読めてしまったかな。個人的には牛川ミルクが出てくる「ファン」という話がおもしろかった。自分の体の中でストーカーが生き続けているかも…なんて恐ろしい話。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています