泥濘

泥濘

作者名 :
通常価格 1,629円 (1,481円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ドンデン返しに次ぐドンデン返しのスピード感がたまらない!
疫病神シリーズ間違いなしの最高傑作

「待たんかい。わしが躾をするのは、極道と半グレと、性根の腐った堅気だけやぞ」
疫病神シリーズの名コンビ、桑原と二宮の 今度の標的は警察官OBが作る自称・親睦団体の「警慈会」。
老人ホームにオレオレ詐欺……。
老人を食い物にする腐り切った警察OBに二人は挑むが、二宮は拉致、桑原は銃撃を受け心肺停止になってしまう。

「おまえ、おれを脅しとんのか」
「脅し? わしは値踏みをしてるだけや。おまえがどれほどのワルか、をな」
「社会のダニが一人前のことをいうやないか。ダニはダニらしいに、女のヒモになるか、シャブの売人でもして食うたらどうや」
「わしはダニかい」
「ダニはいいすぎた。クズや、おまえは」

警察OBのドンを相手に一歩も引かない桑原と二宮を待つ運命は?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
512ページ
電子版発売日
2018年06月29日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    作者の代表作、疫病神シリーズ。イケイケ極道の桑原と気の弱いカタギの二宮が一攫千金を狙う。ことの発端は警察OBたちによる診療報酬詐欺事件。

    この事件にカネの匂いを嗅ぎつけた桑原は二宮にメシを食わせ、報奨金を約束し、最後には脅しつけて仲間に引きずり込む。二人が事件の核心に迫るにつれ、暴力団組織、介護施...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月09日

    久々の厄病神シリーズで今回は、二蝶会に戻ったイケイケヤクザの桑原と建設コンサルの二宮コンビが、老人ホームを乗っ取り、医療費不正受給、オレオレ詐欺で多額の資金を得る警察OBによる親睦団体の警慈会と二蝶会と同じ枝葉の白桃会を相手にシノギをする愉快/爽快な話。桑原と二宮の毎度テンポの良い会話、言葉にしない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月03日

    今回の敵は警察OBとヤクザの合同チームだっただけあって1番したたかで手強かったんじゃないかな。桑原もあそこまでやられるとは思わなかったけど、さすが疫病神だけあって踏みとどまってくれてよかった。二宮も桑原の扱い方が上手くなってるし、掛け合いが最高に面白かった。そして渋い嶋田や腐れの中川、舎弟のセツオな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月10日

    いつも通り読み始めたら止まらない
    とても楽しみなシリーズなのですが今回読みながら思ったのは《もしかしてこの2人って働きの割に儲けが少ないんじゃない?》でした、まあ面白いからいいけど
    それと2人がハードな仕事の合間に行く食べ物屋さんがどれも美味しそうで読むのが楽しみだったりします
    読み終わったら即次回...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    疫病神最高

    PEP 2018年07月28日

    面白すぎるやろ。大阪出身者でこのシリーズ読んで痺れへんやつおる?何回クライマックスあんねん。三本立ての映画観たんかと。しかし最高やわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月17日

    疫病神シリーズは一気に読んでも面白い。
    ちょっとマンネリもあるしあまりにも都合が良いところもあるけれど読み終わった今も関西弁です。
    好きな映画をみた感じですかね。
    ストーリーはいつもながらです。警察OB利権に絡むサバキです。産廃のストーリーに比べるとオレサギも絡ませているものの新聞報道の域はでず物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月05日

    相変わらずの安定した面白さ。今回もヤクザや警察OBの悪人相手に桑原、二宮のコンビが大立回りを演じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月28日

    疫病神シリーズ第8作。
    相変わらずの嘘っぽい筋だが、テンポの良い大阪弁の会話と、桑原の強引さで一気に読ませてしまう作品。
    最後の方で、二宮が「おれ、本当は桑原が好きやったんや」と自覚する部分は、何をいまさらと突っ込みたくなる位。
    読者の方がわかっているって。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月03日

    安定の面白さ。
    このふたりだんだん仲良くなっていくな。
    そう言ったらふたりとも全力で否定するだろうし嫌がるんだろうけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    疫病神シリーズ、7作目。

    今作では、表紙カバーの袖にある「心肺停止・・・あの桑原が死んだのか?」の文字にまず目を奪われる。どんなピンチの状況に陥るのかと思って、いざページを捲ってみたら、相手はヤクザだろうが警察OBだろうが、関係なく喧嘩を仕掛ける桑原がいて、実際その場面に出くわすまで何度背後から撃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています