読書という荒野

読書という荒野

作者名 :
通常価格 1,436円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

出版界の革命児による圧倒的読書論がここに誕生!

読書の量が人生を決める。
本を貪り読んで、苦しい現実を切り拓け。
苦しくなければ、読書じゃない。
読書によって正確な言葉と自己検証はもたらされ、
正確な言葉と自己検証によって深い思考が可能になる。
そして深い思考こそが、その人の人生を決める唯一のバックボーンになるのだ。

【秋元康 激賞!!】
「見城徹の読書は血の匂いがする。ただ、文字を追って『読了』と悦に入っている輩など、足下にも及ばない。書を貪り喰ったものだけが知る恍惚の表情を浮かべている。著者の内臓を喰らい、口から真っ赤な血を滴らせている」

【目次】
はじめに 読書とは「何が書かれているか」ではなく「自分がどう感じるか」だ

第1章 血肉化した言葉を獲得せよ
「自己検証・自己嫌悪・自己否定」は三種の神器
ここではない「ほかの場所」を求めた本
自分を恥じ、深く見つめることを余儀なくされる読書体験
世界の矛盾や不正や差別に怒れ
苦しいほうに身をよじり、自己検証能力を磨け
ほか

第2章 現実を戦う「武器」を手に入れろ
吉本隆明・あまりに切ない精神の劇
自己嫌悪と自己否定が仕事への原動力となる
ヘミングウェイ・「勝者には何もやるな」
編集者の武器は「言葉」だけだ
努力は圧倒的になって初めて意味がある
実践しなければ読書じゃない
ほか

第3章 極端になれ!ミドルは何も生み出さない
五木寛之・「差別構造」を創造力の産物として描き出す作家
石原慎太郎・個体の快楽と掟
大江健三郎・妄想と現実の交換
ほか

第4章 編集者という病い
村上龍・虚無と官能
林真理子・過剰と欠落
村上春樹・生き方を犯すほどの才能
百田直樹・驚異的なオールラウンドプレーヤー
東野圭吾・見事なまでに人間を描く完璧なミステリー
宮部みゆき・『火車』の哀切なラスト
北方謙三・読者を慟哭させ、魂を揺さぶる
坂本龍一・残酷と悲惨に血塗られた崇高で静謐な創造
尾崎豊・自己救済としての表現
ほか

第4章 旅に出て外部に晒され、恋に堕ちて他者を知る
『深夜特急』・人生からの脱獄
今でも強く脳裏にこびりつく五木寛之との旅
村上龍との放蕩
他者への想像力は恋愛で養え
困難は読書でしか突破できない
ほか

第5章 血で血を洗う読書という荒野を突き進め
死の瞬間にしか人生の答えは出ない
絶望し切って死ぬために今を熱狂して生きろ
三島由紀夫・自らの観念に殉じて死ぬ生き方
現実の踏み絵を踏み抜かない理想に意味はない
「夢」や「希望」など豚に食われろ
ほか

おわりに 絶望から苛酷へ。認識者から実践者へ

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2018年06月05日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年06月10日

見城さんの仕事、読書に対する熱量が凄くて、それに押されるかのように一気に読んだ。
ビジネス書、実用書のような「すぐに役に立つ」本ばっかり読んでたら駄目だなと思った。

図や絵、写真や動画など人に何かを伝える手段は色々あったとしても、その元となるのは人間の思考や想像で、それを構成するのは、基本は言葉。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月03日

もがき、足搔き、のたうち回って苦しむからこそ、そこから生み出されたものに命がある。
そんな時にすがるものが本であり、逆に言えばそれを満たしてくれないものは本ではない。
書くものではない、溢れ出てくるものであるがゆえ、デビュー作や2作目に圧倒的なパワーがあるという考えには賛同する。
見城徹の生きざまは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月28日

学生時代に恩師から教わったことがある。

「一流の人にどんどん会っていきなさい。一流の芸術にどんどん触れていきなさい」


著者は幻冬舎の社長として、数多のミリオンセラーを世に送り出してきた。

その背景にあるものこそ、読書。しかもそれは徹底している。

一流の人に会うために、凡人は徹底した準備、圧...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月13日

見城さんの熱量マックスの人生、素敵。周囲に投げかける言葉をもっと磨きたいと強く想い、そのために読み応えのある文章、小説をもっと手にとっていきたいと。見城さんが影響を受けた小説、というきっかけから次に読みたい本が増えた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月23日

【概要】
見城徹にとっての
本が持つ意義、少年時代から編集者に至るまでの半生、作家との思い出、本と同じく重要な旅と恋愛、死
が綴られている。
自分のなかにないモノを本や人、旅を通じて知り、そして客観的に見直すことで得た「何か」を自分の血肉としている。そうして人間として前進している。その過程と細部が垣...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play