武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この本は、ビジネスマンのための「哲学の使い方」をまとめた1冊です。哲学というと、これまでは「実世界では使えない教養」と捉えられてきましたが、それは誤解です。実際は、ビジネスマンが、「クリティカルシンキング」つまり現状のシステムへの批判精神を持つために、とても重要な示唆をくれる学問です。
本書の著者、山口周さんは、慶応義塾大学大学院の哲学科出身でありながら、経営コンサルとして現役で活躍する異色の経歴の持ち主。独自の視点から、「ビジネスマン向け」に役立つ哲学の思想、用語を解説します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2018年05月18日
紙の本の発売
2018年05月
サイズ(目安)
6MB

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月13日

    まとめ ⇒

    哲学が使われている実用的な例を持ち出しながら、哲学を学べるので理解しやすく、入門書としても良かった。

    学び ⇒

    ・本当の意味で説得に必要なもの「ロゴス」「エトス」「パトス」
    -「ロゴス」…ロジックのこと。論理だけでは人は動かないが、論理は説得する上で必須。
    -「エトス」…エシックス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    なかなか面白かった!読んでみたい本が沢山できた。どの哲学者の思考プロセスも非常に興味深いし、結論についてもその質の良し悪しに関係なく面白かった。
    私のようなサラリーマンであれば、これらを現実にどう活用していくか、また何に慎重になるべきで何に囚われず大胆になるべきか、熟考の上行動に移していかなければな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    古今東西の哲学者、思想家の提唱したコンセプトを、実生活の中で使えるように、それぞれ2~3ページにまとめるという画期的な本です。武器になりますよ。読んでみると、世の中は変化しつつも人間の本質というのはそれほど変わらないのだと感じさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    武器になる哲学

    哲学を学ぶ意義として、論考の結論とそのプロセスそれぞれに学びがある。
    本書は50の哲学を取り上げ、簡単な解説に加えているが、その内容以上に現代において著者がどう解釈しているかという視点が非常に学び深い。
    特に組織論やイノベーションに関心がある自分としてはある種味も蓋もないような部分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    哲学は、本質に気づけることが多い。

    ロゴス、エトス、パトス
    一度は聞いたことがあるだろう。

    論理だけでは人は動かない。
    倫理と情熱も必要となる。

    こんな哲学、思想を50のキーコンセプトとして教えてくれる一冊である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月19日

    実業に役立つ哲学。
    しかも読みやすく、腹に落ちやすい。
    使いこなすには何回も読んで、無知の知でいう、知っていることを知らない、状態になれたらいいなと思う。


    自由からの逃走…自由には痛いくらいの責任が伴う。個人の成長と幸福を実現するには、自分自身でものを考えたり、感じたり、話したりすることが重要。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    時系列ではなくテーマ別に思想が並んでいる、筆者の実務に役立つものをピックアップした、というコンセプト通り、組織開発・イノベーションの課題設定/解決のヒントになる思想のフレームワーク目白押しである。
    一方、昨今のコロナ下における政策の迷走ぶりや一般市民の分断がなぜ起こるのか?なぜ防げないのか?のヒント...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月14日

    ◯気づき
    ・哲学とは、教養であり、知識なので、実生活に活かせるというイメージをもてていなかった。しかし、この本を通して、哲学は、目の前の課題や状況を洞察し、変化するためのヒントになると分かった。哲学書を読むときには、この視点を忘れないようにする。

    TO DO
    ・哲学を学ぶときには、どう活かせるかを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月27日

    本書では著者の経験や視点から、「使用別用途」によって様々な哲学者の提唱したコンセプトを整理している。
    そもそもはじめに述べている、「なぜ哲学や思想を学ぶのか」というポイントが、目から鱗である。納得のいく説明で、哲学を学びたいという意欲が湧いた。
    全体を通して各トピックが明確にテーマ付けさけれ、理路整...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    ビジネスパーソンに向けて書かれているため、
    難しい言葉はなく、山口周さんらしい実践的な内容であった。

    知的影響から自由なつもりの実務屋は、
    たいがいどこかの破綻した経済学者の奴隷です。

    というケインズの言葉の引用がとても身に染みた。
    何かを知ったつもりになるのではなく、
    先哲の失敗・知恵から現実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 に関連する特集・キャンペーン