ありえないほどうるさいオルゴール店

ありえないほどうるさいオルゴール店

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ごめんね」も、「ありがとう」も。時に音楽は、言葉以上に「想い」を伝えます――。
心の音楽が聴こえるという店主が、その不思議な力で、傷ついた人の心にやさしい魔法をかける。
号泣必至、幸せ運ぶ物語。

北の町の小さなオルゴール店では、風変わりな主人が、“お客さんの心に流れる音楽”をオルゴールに仕立ててくれます。
耳の聞こえない少年。
音楽の夢をあきらめたバンド少女。
不仲だった父の法事で帰郷した男性。
長年連れ添った妻が倒れ、途方に暮れる老人。
彼らの心には、どんな音楽が流れているのでしょうか――。

――「ごめんね」も、「ありがとう」も。時に音楽は、言葉以上に、「想い」を伝えます。
“音が聞こえすぎる”店主が、あなたが言葉にできず胸にしまっていた想いを“音楽”にして、小さな箱(オルゴール)に詰めてくれます。その音を聴いた瞬間、胸いっぱいにやさしい思いが広がるのです。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2018年05月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ありえないほどうるさいオルゴール店 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月28日

    心に染み入るような、やさしい物語。
    一気に読んでしまうのが惜しいので、毎日寝る前に一話ずつ。

    北の小さな町(といいつつ、観光客も来るらしい)にあるひっそりと佇んでいる小さなオルゴール店に訪れる人たちの心の中にあるもやもやを、まるで澄んだ音色が解きほぐしていくようです。

    生まれつき耳の聞こえない少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月19日

    北国の運河のある街、といえばあの街ですね。観光地でもある運河沿いにあるオルゴール店。店主はお客の心の中に流れる音楽を聞きとることができるという・・・。7つの短編は全て店主とオルゴールに関わった人たちの人生をあぶり出して行きます。ファンタジーかと思いながら、読み進むと、これは寓話ではないかと思えてくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    じんわりとする話ばかりの短編。
    個人的にはオルゴールの音色がニガテなので、このお店に足を踏み入れることはないだろうが、どんな音楽を選んで貰えるのかには興味があるな。
    思い出の、人生を決定づけた、そんな一曲ってなんだろう?
    聞こえなくてもいいものが聞こえるって苦痛だろうけど、他人の役に立つこともあるっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    どこがいい、とはうまく言えないけれど、妙に、心の奥を刺激されるお話でした。

    進もうとしているときには、傷が痛むものだから。
    大丈夫。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    言葉から連想しながら読み進めていたけど、どれもいい意味で裏切られる。そう来るのか、みたいな。なんだこれ、楽しいじゃないか。
    初めて本屋で見た時、読み終えてない本があったから買わなかったけど、そのあと本屋に行ったらなくて。どうしても読みたくて別の本屋に買いに行ってよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    最後の話が良かった。
    いつも、おさきにどうぞ。という妻。
    初めてあった日を、大切な記念日としていつまでもカレンダーにつけている妻。
    半歩下がって、いつも夫に従う妻。
    自分は正反対だな笑笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月19日

    世界にたった一つ、あなただけのオルゴールを作ってみませんか?
    心の中に流れている音楽を聴きオルゴールを作ってくれる小さなオルゴール店で奏でられる、耳利きの店主とお客の心温まる不思議なメロディー。

    小樽としか思えない北の町に佇む小さなオルゴール店。タイトルは『ありえないほどうるさい』だけれども、店内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    ええ人たちが紡ぐ、ええお話です。
    劇的な解決とか意外な結末とかではなく、現状維持でシットリ終わる。
    ええやないか、今のまんま頑張ろうっと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月24日

    人の心に残っている曲を聞き取ってオルゴールにしてくれる不思議なオルゴール店。特に最初の親子の話は連作のつかみとして素晴らしかった。自分用のオルゴールを作ってみたいような怖いような…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月18日

    心の中に流れている音楽をオルゴールにできるという変わったオルゴール店の話。短編集で、どの話もじんわり感動して、ほっこりする。
    読んで日が経つほどこの物語いいなって思える。
    自分にはなんの音楽が流れてるのか...

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています