玉依姫

玉依姫

作者名 :
通常価格 750円 (税込)
紙の本 [参考] 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

大ヒットシリーズ第5巻が文庫化!
八咫烏の支配する異世界「山内」の謎が明らかに

高校生の志帆は、かつて祖母が母を連れて飛び出したという山内村を訪れる。そこで志帆を待ち受けていたのは、恐ろしい儀式だった。人が立ち入ることを禁じられた山の領域で絶体絶命の少女の前に現れた青年は、味方か敵か、人か烏か? ついに八咫烏の支配する異世界「山内」の謎が明らかになる。荻原規子氏との対談収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2018年05月10日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「玉依姫」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月12日

山内の話から一変、現代の人間社会の話。と思いきや、もちろん山内とも繋がっている。山内の起源に関わる物語。いつも魅力的な主人公を登場させ、感情移入させる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月07日

山内の謎、というか起こりの話とその後の話、というのかな。面白かったけれど、あれ?ともなった。それに若宮の脇役感というか小物感というか。これまでがむちゃくちゃ面白かっただけに、少し残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月26日

こちらの世界では志帆。山内の世界では…
少女の選択が先の道を造る。自覚を持ち、覚悟が要ることだ。そうして出来た道はしなやかで強いものになる。進んで行こうどこまでも、椿と共に。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月15日

すごい!とにかく良かった。

いきなり人間界の話で、最初はどうなるのかな、と思ったけどあっという間に引き込まれる。
古事記とか神話は少し大学時代かじっただけでしたが、上賀茂神社の賀茂別雷が出てきたりしてそれだけでわくわくする。

エピソード0にふさわしい、素晴らしい小説。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月28日

他のレビューを見てみると、割と厳しめですね。
いや。しかし。だからこそ。
敢えて言おう、ものすっごい良かったと(笑)
そんな人もいるので、シリーズで読んできた方は臆せず手に取っていただきたい。
以下、ネタバレ含む。注意。




確かに、「山内」という場が古い日本というか神仙の住まう霧深き山奥をイメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,872

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!