教祖誕生(新潮文庫)

教祖誕生(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「教祖来る!! 神と出会う集会開催」手渡された一枚のチラシ。そして、目前で実演される感動的な奇跡。うぶな和夫は、インチキを信じ教団職員となるが、そこに宗教はなかった。初代教祖が亡くなると、実権を握る総務主管・司馬は、二代目教祖に和夫を抜擢した。彼は教祖の聖性を否定し、自らの力で完璧な唯一神を創造しようとしていた! 「現代の教祖」が、神への試練に挑んだ長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2018年04月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

教祖誕生(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年01月06日

    表紙が無い…だと…。
    北野武の小説で一番面白いと思った一冊。

    新興宗教団体の布教活動に興味を持った主人公がその宗教に入信し、
    活動内容がインチキだと知ってしまった後も、その宗教の中で
    活動してゆく、という話。

    映画見た事無いのですが、映画はコメディみたいですね。
    小説だとコメディではなく、現代の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月09日

    何となく入信した青年が教祖に祭り上げられる。
    まじめな信者-駒村と俗物まるだしの教団幹部-司馬
    罰が当たるなら神はいる

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています