やっぱり私は嫌われる(新潮文庫)

やっぱり私は嫌われる(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

死んじゃったらおしまいだって? ホント、よく言うよ。命がけで生きているわけでもないのに。そういう奴に限って、自分の命に特別な値段をつけたがるもんなんだよ。人権バカ、俗物政治家、図々しいおばさんたち……。ホトホト呆れ果てた能天気な奴らに愛の筆誅を加える! エンジン全開、さらにパワー・アップ。必殺たけし節、ますます絶好調。現代最高の知性が吼える、第二弾。※新潮文庫版に掲載の写真は、電子版には収録しておりません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2018年04月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

やっぱり私は嫌われる(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    やっぱたけしのエッセイはおもろいなぁ。
    無駄な長寿、医療に反対てのも同感。
    こーゆー事俺なんかが言っても頭オカシーとしか思われないから困るわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    死んだらお終い・・・。
    命がけで生きているワケでもないのによく言うよ。
    だって。
    全くその通りだとおもいます。
    作者の視点は鋭すぎます。
    そんな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています